calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

mirror
mirror (JUGEMレビュー »)
Satomi, 白井裕紀, 新美香, 久保田洋司, 石塚知生, ha-j, 佐藤泰将, 船山基紀, 堂本光一
Deep in your heart/+MILLION but -LOVE (通常盤)
Deep in your heart/+MILLION but -LOVE (通常盤) (JUGEMレビュー »)
堂本光一,白井裕紀,久保田洋司,新美香,CHOKKAKU,ha-j,鈴木雅也

links

KinKi Kids病同盟

KANZAI PEOPLE

☆いろいろ☆


メールはこちらへ☆


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

KinKi Kids 10th Anniversary in TOKYO DOME

ステージはメインステ・花道が中央に1本・サブステみたいな感じのつくり。
実際のメインステはサブステ位置の場所で、
オブジェのあった180度ステージは最初と最後だけでした。



◆Overtrue
2007年からさかのぼっていく感じの映像が
すべてのモニターに映し出されます。
BNSからハモデ・夏模様・SNOW!…
最後に『愛されるより〜』が流れた後に、
『硝子の少年』のイントロ!!!!



◆硝子の少年
ボク、号泣。爆
白のスーツを着た二人がオブジェの左右に立ってて、
しっかりワンコーラス熱唱。
最後のサビの部分で花道を2人並んで歩いて、本日のメインステ(360度)へ。
ステージ周りにはシンプルな編成のバンドの皆さんがいらっしゃいました。



◆雨Melody
この曲もワンコーラス。
もちろん変調アリなんですよ。(そのことに関してはまた後程)



◇MC
「どうも皆さんこんばんわ!!!堂本光一です。」とお辞儀をして
丁寧な挨拶をする光一さん。
会場も大盛り上がりでございます。
さて、次は…
「どうも。皆さんこんばんわ。」
「キャーーー」
「…どうも。皆さん、こんばんわ」
「ワーーーー」
「……どうも。みなさん。笑 こんばんわ。」
「笑」
なかなか挨拶をしない堂本剛さん。まぁ毎度のことですね。
「只今、ご紹介に預かりました…」
「誰も紹介してないから笑」
すかさず、光一さんツッコみます。笑
「私が、素晴らしい記録を叩き上げた…堂本剛です。笑」

まぁなんとか無事に挨拶も終わり、光一さんが今回の趣旨について話し出します。
すると…剛さん、その横で給水ww
すかさず「お前何をしてねん笑」とツッコミが入ります。
当の剛さんはもうどーでもよさ気です。笑
気を取り直してもう一度話し出しても、給水。笑
「お前、早いよー。」と剛さんの方へ近づいていくと、剛さんの机にはさまざまなものが。
「っていうか…笑 お前の凄いなぁ。笑」
「これが…」と机の上のものを説明しだす剛さん。
ホントいろんなもんおいてありましたよ。
一方光一さんのほうは水とタオルだけでしたが。笑(本人がそれでいいと言ったので)
剛さんの机にいろいろと言っていたら、

「あーんして飲ませましょうか??」

なっなにーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
光一さん、嫌がりながらめっちゃ幸せそうな顔してますけど。←


今までに歌った2曲について話す2人。
「『雨のMelody』はなんていったってねぇ…笑」
転調がある!!!!!
はいハモったーーーーーー☆
「最初はナシがよかったんだけどね、やっぱり10周年やから…転調しました。」
決死の転調だったそうです。


そんな感じでチケットやらなんやらの話へ。
収容人数が6万7千人といつもより1万人以上も多く収容したということで、
会場からはどよめきが起こってました。
「3日3晩、ここにね泊まりこんで。光一と一緒にねお願いしたんですよ。」
「うん、俺そのときいなかった。」


そして、事件は起きたのです。
「今回はですね、いつもの年末とは違って、忙しい時期じゃないですからね。
 僕も「チケット取れるの??」って友達から連絡があったりしてね…」

「ちょっと待ってください」
光一さんの話をさえぎる剛さん。
どうしたもんかと見ていたら…

「あなたに、友達がいたんですか!!!!!?」

…そうだ、この人友達いたの!!!!?(失礼)
「笑 そりゃね、俺にだって…」
「いやーまさか君にねぇ…。友達ってアリとかちゃうの!!!!?」
「笑 確かに、多かないよ!!!!笑」
「今日は君に友達がいたことを祝わなければいけないんとちゃうの!!?」
うん。光一さん、心からおめでとう。←
で、そこから光一さんが一生懸命に話を戻して、結局言いたかったことは
「今回は関係者にも一切チケットは出さない」とのこと。
お礼の意味を大切にしたいからだそうで。


「そうそう、なんやインターネットの噂でな、KinKi出てこないとかあったらしいで。」
と話す光一さん。
「だって変な話…3・9・0・0でしょ!!?」
「はぁ??」
「いやだからチケット…」
「あー。Three thousand nine hundred…」
「なんでそこ英語やねん。笑」
「なるほど、3900円でKinKiは見れないと。…まぁそうですよね。
 なぜなら僕らは…偉大だから。」

「なんでやねん。笑」
「今日もさ、楽屋に“偉大様”って貼ってあったもん。」
うん、偉大だよ、君ら。


頑張って頑張って、なんとか話を戻そうとする2人。
「今日な、9時半になったら音出せなくなんねん。」
「だからこんなことで時間とってたら打ち切りになってまうな。笑」
そしてまたその話題で話が長くなっていく…。爆
「ホント、最初っからこんなキャラじゃなくてもっとかっこいいキャラで売っていけばよかったんですよ。」
「まぁそれがKinKi Kidsなんですよ。」

…へへっww←


やっとこ次の曲の紹介へ。
「次の曲は、皆さんが選んでくれた10曲の第5位の『恋涙』ですね。」
会場からは大きな拍手が。すると…
「おぉう…なんや歌うって言って拍手もらったの初めてや。
 いつも歌うと“えぇーーー”って言われるのに。」

とやや不満をもらす光一さん。

「あ、今日はみんな座ってたほうがいいよ。」

何を言い出すかと思えば座れ命令。
「今日ホント、座ってていいと思う。」
まぁこれで一回座ろうとするんですが…
「座るのかよ!!!」
いや、座れ言うたのアンタやないかい!!!!
「まぁ笑 ホント座ってください。」
しかし、座るとアリーナは見えなくなってしまうので(座席が遠すぎるため)
「じゃぁアリーナは立つか。」
「えぇーーーーー。」
「どっちやねん!!!!!!!(゚Д゚#)」
ごめんなさい。←
とりあえず、アリーナは立つことに。スタンドは…
「スタンドは任せた。」
ほっ放置キタ――(゚∀゚)――!!!!!!!



◆恋涙
原曲よりちょっとロックテイストになってますね。
こちらもワンコーラスいただきました。



◇映像コーナー
「えー、またしゃべりたいと思います。」
と、今日どんだけしゃべんねんと思っていたら。
「ここでちょっと昔のVTRを見ていただこうかなと思います。」
スタッフが編集した、KinKiの二人も見ていないという映像。
デビュー前から今までに至る数々の映像が流れます。


まずはデビュー前の映像。
小さい・若い!!!!!!!
かーわーいーいー♪♪
デビュー後の数々のイベントでの会見の模様
KinKiの曲が主題歌だったドラマ
CM・ライブなどなどいろんな映像がもりだくさんです。
いくつか印象に残ってたものをチョイス。


『金田一少年〜』
お前の声がぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!!!!
やばいぜはじめちゃん。
わかいぜはじめちゃん。
久々に「じっちゃんの名にかけて」が聞けてよかった。
主題歌はもちろん『ひとりじゃない』


『銀狼怪奇ファイル』
キタ――(゚∀゚)――!!!!!!!
「俺に不可能はない」キタ――(゚∀゚)――!!!!!!!
『僕は思う』キタ――(゚∀゚)――!!!!!!!
光一さんは本気で嫌がってました。笑


『青の時代』
剛さんが壁にたたきつけられるシーンで
「これは本当に痛かったんですけどね。」
と、ボソリ。


『to Heart』
例の「対戦相手が撮影所に彼女を連れてきた」シーンでした。笑
しかしこの話を振ったのが光一さん。
「これか、あのー対戦相手が彼女連れてきた…」
「そうそう。」
ゲストの話なんか忘れるのに、相方の話はきっちり覚えてるのね。
エンディングロールで光一さんが一言。

「これ深キョンのがでかいんじゃねーの??」

あんたそれ剛さんよりも深キョンに失礼よ…。
しかもこの日深キョン来てたっていうじゃないの!!!!
まぁ仕事の関係で遅く来たからこの発言は聞いてないでしょうが…。
まったく、この子は…。


『ロシナンテ』
お前かわいすぎるんじゃぁぁぁぁぁぁぁああああ!!!!!!!
ロシナンテに向かってにこぉっってして

「おいで。」

俺が行k(退場)
会場が「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!////////」
一体感に包まれた一瞬。笑
エンディングロールもそういえばそんなんだったよなぁと
久々にあの面白いの見れてよかったです。


『ルーキー』
誠くん女装の巻。笑
会場はなぜか笑いの雰囲気へ…笑
「建さん何喜んでるんですか。あれオレですよ。笑」


『リモート』
警視様がくるみちゃんを助けるために飛び出してくるシーンが!!!!!
あの火の中を走ってくる警視様を見た瞬間、
また「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!////////」と、一体に。


『元カレ』
光一さん一番の食いつきでした。笑
内山さんとのキスシーンと広末ちゃんとエレベーターで2人っきりになるシーンが流れたんですけど
内山さんとのキスシーンになったとたんに

「うぉぉぉーーーーい!!!!!
 なーーーにをしてんのやお前!!!!!!!」


と、大興奮。笑
広末ちゃんとのシーンになると
「また今度は別の女と…!!!!」
はいはい、剛はあなたのですよ。
わかってるから。←


『パナソニック』
これはKinKiというよりも個人的に
「手のひらサイズ」と歌っているハンディーカムが
めっちゃ手のひらサイズじゃなかったことに驚愕したよ。笑
時代だね。笑


『ダース(洗濯機)』
なつかしーーーーーー!!!!!
思えばダースもKinKiになって長いですよね。
これは光一さんがめっちゃかわいかったです☆


『ダース(温泉)』
「サルと入ったなぁ」と感慨深いようです。


どれもこれも懐かしい映像がたっくさん!!!
映像が流れるたびに「これもうちょっといい映像なかったん??」とか
「いやーめっちゃピッチピチやんけ」とか
「剛さん細いわー。男前やなー。」とか
さまざまなツッコミが飛びます。


すべてを見終わると、バンドのみなさんがステージに上がって
KinKiを囲むようにスタンバってます。
「さて、ここらでちょっと趣向を変えた感じで次の曲を…。」と光一さん。
「ぼくらも向かい合ってね、見詰め合って歌う…
 だってさ、歌詞が“こんなに優しくなれたのは君がいたから”ですもんね。」

「また疑惑でますね。まぁ事実ですけども笑い」
まぁいろいろ聞きたいことはありますが、笑
この歌詞でもう次の曲は決定!!!!『Love is...〜』
この曲をアンプラグドでやってくれるそうで。



◆Love is...〜いつもそこに君がいたから〜
やっぱこの曲はつよいよーーーー。
ほんとうに歌詞が素敵過ぎるでしょう。
また泣きましたけど何か???



◇MC
「…なんか照れますよね。」と光一さん。
「いや、そうでもないぞよ。」と空気を壊す剛さん爆
「おまっ…今のでぶち壊しやで!!笑」
「わらわははずかしくないぞよ。」


このMCではアンケートの39位までの曲を順番に発表していきました。
39位はとっておいて、38位から順に発表されていきます。
10位からはいわずと知れた10曲。
「なんや暗い曲多いよなー。みんな暗いな。俺らも暗いからな。一緒や。」
「類は友を呼ぶみたいな…」
うん…そうだね。笑
どれもこれもみんな上位に入ることが納得の曲がずらずらと並んでいきます。
「さて、栄えある39位なんですけども。みんななんだと思う??
 想像つかないよねぇ!!!?」

1位とかは容易に想像できるけどそんな中途半端な…ねぇ笑
「さぁ、39位は!!!!!」

5×9=63

会場から思わず「えぇーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!(゚Д゚;)」とどよめきが。
いや、でもこれだけ多くの人があのふざけた曲に投票…
確かに私も票に入ってた時点で勢いで入れそうになったけども。←
「本当ならさ、39曲目って何??って感じでさ。やってもいいかなとかさ思ったんだけどさ。」
「聴いた瞬間にもう聞かなかったことにしたよね。」
もちろんやれコールをしたけども結局はやらず…。笑
「みんなこの曲知ってる??」
「あのね、知らない人は絶対に買わないでください。」
と、とにかくおススメをしないKinKi Kids
「今日その辺でお友達を作ってね、MDかなんかに入れてもらってください。
 かって聴こうものなら、ラジカセきっと壊します。」

「なんじゃりゃーーーーーー!!!!(゚Д゚#)ってね。笑」


次に見せられたのはビデオメッセージ。
「ぼくらもまだ誰からとかしらないんですけどね…早速見てみましょう。」
どーせ後輩からとかそんなんやろと思ってみてたら…

山下達郎さん。

「また機会があったら一緒に仕事をしましょう」とおっしゃってくれてました。
これにはKinKiもびっくりしたようで、「うわーーー!!!」って言ってました。
「でも本当にそうやって思ってくれてはるやろか」
「でもこれだけの証人がいますから。そうハンパな気持ちではないでしょー!!」
2人は達郎さんの言葉を本当に喜んでいました。



◆月光
この曲も向かい合った状態で。
アンプラグドで歌い上げてくれました。



◇MC
次のビデオメッセージは吉田拓郎さん!!!
拓郎さんらしいメッセージに会場も和やかになりました。
ステージも先ほどまでのバンドの皆さんがはけて、中央が何か変わり始めてる模様。
2人がトークでつなげると、次は
「僕等にもね、Anniversaryって曲がありますしね。
 今日という日にぴったりですので、歌いたいと思います。」




◆Anniversary
なんと中央にグランドピアノ、そしてその上に立ってKinKiが熱唱!!!!!
今までになかったこんな演出!!!!
つーかこんなこと普通思いつかないでしょ。



◇MC
「だんだんしっとりしてきましたでしょ。」
「ここでしゃべってなかったら絶対君たち泣いてるよ。」
はい、そうでしょうねきっと。
ここでは前日に行われたギネスの表彰式の模様をみんなで鑑賞。
まだステージができていない状態の中に表彰式の舞台がぽつんと立てられての式典。
「なんで笑いが起こるの。」と光一さん
「それはあなたがやたらとふわふわしてたからですよ。笑」と答える剛さん、さらに
「僕が笑ってたのには理由があってさ、僕等はねこう受賞がすごい嬉しいのにさ、
 周りのスタッフめっちゃ緊張してんねん。笑
 表彰式のステージの下で、なんやカッチャカッチャ…」

と、その行動を再現。
「もうあのな、機材に挟まったときにはそれはないやろって思って我慢できへんかった。」
「あひゃひゃひゃひゃ!!!!」
そのあと光一さんも説明の際に「カッチャカッチャ」をやってたら剛さんが
「それやりたかっただけやろ。」とツッコミ。



◆ボクの背中には羽根がある
KinKiの二人いわく
「僕らに新しいジャンルが生まれた」とのこと。
この曲もKinKiコンでは結構な定番になってるよね。



◇MC
次のビデオメッセージは森光子さん!!!
なんと今日も来ていらっしゃったそうで、
「森さんいるから下手なことできへん。今日も本当は「あひゃひゃひゃ」って感じに使用と思ってたのに。」
…どんな感じですかそれ…。笑
「まぁ皆さん…お客さんを前にしたらもうきちんとね、しなくてはって思いましたけども。」
しっかりしてください、光一さん。笑


「次の曲は剛が選んだ14曲のなかからですか。」
「うん、僕はね、あのー『僕は思う』を…」
「笑 ないから。『僕は思う』入ってないから。笑」
「えっ!?ないですか??」
「ないでしょ!!!!!笑」
「おかしいですねー。僕がもらったものには入ってましたよ。」
まぁそんな冗談もまじりつつ…実際は、
「僕はこの曲を聴いたときに鳥肌が立ちました。」
そんな感じで曲紹介にいこうとした剛さん
「僕が選んだのは…KinKi Kids「最後のほう&$@*〜」

…でた。堂本光一。
空気読めてないこの人ーーーーーー!!!!!!!!!

「なんやの!!!!僕が今曲の紹介をしようと思って!!!!」
「やって後のほう一緒に歌ってほしかったから…」
「それでも僕が言った後でも言えたでしょ!!!」
「やってそのまま曲にはいっちゃうと思って…」
「はいらへんかもしれないでしょ!!!!せっかく人が気持ちよく紹介してるのにあなたは「&%@*#$〜」とかはいってきて…」
「やったらすればえぇやんけ。」
「なんでやねん笑」
頑張って曲紹介をしなおすも…
「ほらぁ、変な空気になってもーたぁ。」
「ちょっと、ちょっと待てや。反省会しよ。

 誰が悪いん!?」


お前やーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
「いや、お前やがな!!!!!!!笑」
散々剛さんに責められ、怒られ
しまいにはもう何も言えなくなった彼は、
「それは…申しわけなかった!!!!!!」
と一番低い土下座(もはや土下ではなく床と一体化)
「ほらぁ。また時間食ったー。」と剛さん。
「はい、みなちゃんよろちぃでちゅかー。」
「はーい。」

「ハーイ言う歳ちゃうやろ。笑」(再来)

「ホンマにお前はぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!!!」
また剛さんに怒られ一番低い土下座。
「ほらまた時間食うから!!後で楽屋に来て「さっきはごめんな」って言ってくれればいいですから。」
と光一さんをなだめて、
「それではTSUYOSHI'S FAVORITEの中から、『KinKi Kids forever』」



◆KinKi Kids forever
やっとこ曲に入りまして。
そして空気読めないなりに一生懸命伝えた最後の部分も
みんなで大合唱しましたよ。



◆99%LIBERTY
こちらの曲紹介はなんなく進みましたが(剛さんちゃんと空気読めてたから笑)
「光一の方はあれですか、『僕は思う』…」
「それ剛さんのでしょ笑」
「…あれー??」
「僕はですね、『ひとりじゃない』を…」
「あー。笑」
「…あのさ、そういわれると本当に歌わなアカンくなるから!!笑」


本来は、「今回は聴かせるものが多いので少しはわいわい騒げるもの」と光一さんが14曲の中から選曲したのがこれ。



◇MC
ついにこのイベントも終わりの時間が…。
最後の曲はもちろん『愛のかたまり』。
「この曲が10年間やってきた中で一番人気だったということで。
 そんなに…この曲が好き??」

もちろんですよ。
そんな感じで会場がわーっとなると、
「本当にありがたいですね。」と光一さん。
「僕ら競作少ないですけどね、僕はこれからもっと増やしていけたらと思ってます。
 僕は光一が曲を作って、僕が作詩をするパターンが凄く好きだし。
 今のKinKiを説明するのにはこの方法が一番いいのかもしれない。」

剛さんも思いを語ってくれた。



◆愛のかたまり
もうほとんど泣いてて覚えてないけど、
とにかく心地のいい音と声で凄く安心した。
この人たちについてきてほんとうによかったと思えた。



◇エピローグ
光一さんの気持ち、
剛さんの気持ち、
「僕らは言葉で伝えるのがとても下手で、
 だからこそこうやって感謝の気持ちを届けようと思った。
 本当はこの言葉には頼りたくなかったけど、
 へたに違う言葉で表そうとしても肩に力が入ってしまうから
 やっぱり本当に…「ありがとうございました。」」

「僕は皆さんが想ってくれてるよりも
 皆さんのことを愛しています、
 これからもよろしくおねがいします。
 そしてありがとうございました。」

ずいぶんと省略をしてしまいましたけど、これだけでももう
涙が出てとまらなかった。
そして剛さんは自分の挨拶が終わると、光一さんの手を取って光一さんと抱擁。



そして、バンドのメンバーの紹介。
特に建さんの部分ではもう涙さらに止まらず。
「建さんは本当に僕らの曲を一番理解してくださってる」
長い間ずっと一緒に仕事をしてくださった建さん、
建さんは2人に握手を求めてくれて、すごい固く握手をしてくれてた。
先にバンドメンバーの皆さんがはけていったあと、
今度は2人が並んで登場したステージにもどって、
左右のお客様に挨拶。


そして最後にまた挨拶をしてはけていくと、
モニターには2人の手書きのメッセージ。
2人の感謝の気持ちが目一杯にあふれた、素敵なメッセージ。
今までも、
そしてこれからも…。



会場は2人がはけたあとも、2人の名前を呼ぶ声がいつまでもなりやまなかった。
| デート | 23:59 | comments(0) | 光那 |

ENDLICHERI☆ENDLICHERI PRESENTS Neo Africa Rainbow Ax FUNKY PARTY 2007 at The ENDLI. WATER TANK 2

基本的に5/12のレポと同じものになりますので、
詳しい曲のレポートはこちらをご覧ください。
セトリとなど12日と違う部分に関してのレポと書きたいと思います。




Overtrue

空が泣くから

ENDLICHERI☆ENDLICHERI 2

White DORAGON

セッション

FISH DANCE

セッション(パーカスメイン)

傷の上には赤いBLOOD

宇宙の雨はね二人で

セッション(ドラム・ギター・ベースonly)

ソメイヨシノ

Sparkling(メンバー紹介)

この日のメンバー紹介でのケリーはパーカス側のドラムを叩いてました。
最後に出てくるくーさんはなんと1匹が女の子!!!!!!!笑
しかもケバい笑
誘惑された普通のくーさんはびっくりして消えて行きました笑




なんと脳がセットリスト入り!!!!!
振り付けも簡単だし、凄く可愛いの☆
しかし生で『脳』を歌うケリーたんかわいかったなぁ…。



Blue Berry

Take U 2 The Rainbow Star

MC

この日遊びに来てくれたお友達はSankakuクンとタイガーマスクでした笑
タイガーマスクはこの日警備員に止められたそうです。
タイガーマスクはちなみにカメラマンさんです笑



Chance Comes Knocking.
この日は途中で下神サン以外全員がはけてしまって、
下神サン一人で演奏するというハプニング勃発(前日は卒業したサックスの庵原さんが犠牲に)
途中負けそうになる下神サンをオーディエンス全員で応援笑
しばらくするとスティーヴさんたちが帰って来てまた通常の演奏に戻りました。
もうね、ケリーやりすぎ笑
先生にまたがるわ、先生のこ…(自粛)するわで笑



挨拶
本日の本編締めは、ケリースカート着用の為、一本締め。爆
先生またしてもツボる。笑



MC
昨日あった出来事をお話してくれました。
「昨日大雨が降ったじゃないですか。そしたら上ケンさんがね、
『おい、誰かシャンプー持ってきてシャンプーしなよ!!!』って言ってたんですよ。
まぁコレは昨日卒業なさった庵原さんという偉大な方への振りだったんですけど、
彼はやってくれなかったんです。
じゃぁ、ここは僕が…」

なんと、マジでパン一で雨の中シャンプーをしたらしいケリーちゃん。
しかし洗ってる途中で雨は止み、
シャンプーもそんなに泡立ったわけでもなく…。
「その後は暖かいシャワーでリンスもしました。
本当はリンスまで行く予定だったんですけど。笑」

と笑っておられました。


後はなんか最近モテ期が戻ってきたと喜んでおられました。
そんな中世の中のカップルに対する不満をぶちまけるケリー。
「駐車場でカップルがね、僕に気付いたんですよ。
女の子の方は『サイン貰いに行こう』みたいなこと言ってるんですけど
男の方はね『別に』みたいなことを言いつつ僕のことメッチャ見てるんです。
このあいだもね、夜横断歩道のところでね、
女の子がすっごい甘えてるんですね。
男の方もまんざらじゃなさそうなんですね。
そうやって女の子が男に甘えてるその肩越しに僕に気付いてました。」



また、社内でセクハラを受けた際には「痴漢、アカン!!!!!」と大きい声で叫ぶのがいいとも言ってました笑




Rainbow wing

エンディング



手抜きしてごめんなさい汗

| デート | 23:59 | comments(0) | 光那 |

ENDLICHERI☆ENDLICHERI PRESENTS Neo Africa Rainbow Ax FUNKY PARTY 2007 at The ENDLI. WATER TANK 2

会場に行くまでのエントランスがすっごいのなんの!!!!
鏡ばり!!!!!!!!
そして下は七色に水が光ってる!!!!!!!



ステージ構成はいつものTANKでの構成とまったく変わりはありません。
中央に△型の入り口??みたいなのがあって、
そこがパッカーとあくのです。


メンバー定位置は2段に別れていて、
上段向かって左から
ドラム しょうこちゃん
ベース 上ケンさん
コーラス Yu-kaちゃん・TAMAちゃん
キーボード 十川さん
パーカス スティーヴさん

下段は向かって左から
マニュピレーター 鹿島さん
ギター 西川先生
コーラス CHAKA姉
ボーカル&ギター ケリー
ギター 名越さん
サックス 竹野さん
トランペット 下神さん
トロンボーン サスケさん

これが基本位置で、あとは適当にあちこち動き回ってます。



Overtrue
宇宙にケリーの言葉が浮かんでくる、そんなかんじの映像で、
あの最近よくお目にかかるピンクのオブジェっぽいのが宇宙に浮かんでて、
さらにその中にも入っていく感じです。



空が泣くから
シングルバージョンではなく、キーボード一本のアレンジ。
中央にケリーにピンスポット、後ろの十川さんにもスポットが当てられ
ケリーがゆっくりゆっくり歌います。
あんまりにも歌がうまいものだから、ゆっくりで最初すごいむずむずしてたんだけど
なんかもう最後のほうとか固まってたからね。
しょっぱなからエネルギーをモロにくらって、
これはこの先たいへんなことになるぞ、と予感。



ENDLICHERI☆ENDLICHERI 2
さぁ、ここからが本編です!!!!!
去年のENDLI one 同様、ここで一気にテンションを上げていきます。
映像も結構こっててなかなか見ごたえがあります。
最後のほうになると、バンドメンバーが定位置に付き始めます
そのあとまたピンクのオブジェが出てきて、それがひっくりかえると
先程お話したあの、ステージ後ろの△型のいりぐちがパカっと開き
中からケリー登場!!!!!!!!



White DRAGON
まずはケリーが挨拶代わりにギターをかきならします。
それに答えるようにオーディエンスも愛を投げます。
それから『White DRAGON』の演奏がスタート!!!
しょっぱななのでやっぱりノリが良いものなのか、会場ももうテンションあがりきってます。
特に振り付けはないんだけど、手拍子がまたいいんだわこれ。



セッション
めっちゃ速いテンポで演奏していくんだけど
けっこうかっこよかった☆
どっちかっていうと、ケリーはほとんどなにもしないで、
メインはドラムとサックスとペットとトロンボーンって感じかな。



FISH DANCE
コーラスの振り付け超可愛い!!!!!!!!!
DANCEと言うわりにオーディエンスに振り付けはございませんでした笑
でもあの曲で踊れというにはちょっと無理があるかなーとも…笑



セッション
ここからはスティーヴ独壇場でございます。
スティーヴさんのパーカスってやっぱり好き。
かっこいいんだもんねぇぇぇぇ♪♪
ナイススティーヴ☆
たしかここでボイパしたんだっけな、この日は。
ボイパすっごいかわいかった笑



傷の上には赤いBLOOD
名越さんのギターから始まります。
この曲はひたすら飛んでます笑
ぴょんぴょんしてます。かわゆす。
CHAKA姉・Yu-kaちゃん・TAMAちゃん・スティーヴさんはパーカス道具を持って
前に出てきてケリーと一緒に盛り上げます。



宇宙の雨はね二人で
前の曲で思いっきりぴょんぴょんしたあとは、落ち着かせていただきまして。
この曲をゆっくり聴くのはなかかなかよかったです。



セッション
ここからのセッションはドラムから始まり、
ドラム・ギター・ベースオンリーのセッションです。
他のメンバーは全員はけてます。
渋めのナンバーに仕上がっててすごくカッコよかったです☆



ソメイヨシノ
ちょっとアップテンポなアレンジになってます。
照明がすごく綺麗なんです!!!!!
ケリーの声は凄く伸びやかだし…。
ソメイヨシノはホントいろんな面を聞いてきてるのですが
これもなかなか素敵なソメイヨシノでした。
個人的にはピアノverが一番好きかなーとも思ってますが。



Sparkling(メンバー紹介)
ここからはもうどうにでもなれてきなノリですね。
メンバー紹介はもちろんくーさんがしてくれます☆
一通り紹介が終わるとセッションに入っていきます。
ケリーはドラムの方へふらふらと行くと、その場でドラムを叩き始めたり
先生がブリッジ状態になるとその上にまたがったり(もしかしたらCCKだったかも)
途中、先生&上ケンさん・ケリー&名越さんでちょっとしたパフォーマンスもありました☆
竿の部分を相手に向かって振って、
それをもう片方の人がよけるみたいな振り。
なんかもうやりたい放題のメンバー紹介でした笑
最後にくーさんが2匹でてくるんですけど、かたっぽのくーさんがいねむりこいてるのね。笑
それをもうかたっぽのくーさんがどついておしまい笑



Blue Berry
ここはもう定番だもんねーーーーーーー!!!!!!!
会場が一致団結して振りも揃ってます笑
やっぱブルベリがなきゃねぇ、うん☆



Take U 2 The Rainbow Star
振り付けむずかしーーーーーーー!!!!!!
でもたのしーーーーーーー!!!!!
ケリーのこの曲の歌い方好きなんだよねー。笑
やっぱこの曲楽しいわ。うん。



MC
ここで一旦ケリーがおしゃべりをします。

「今日はもっと皆とFUNKするためにお友達を呼んでいます」
この日呼ばれたお友達(笑)は、Sankakuくんと小林ばくさん。
ばくさんは会場の写真を撮るために、
Sankakuくん(の頭をしたなぞの人物)はみんなをもりあげるためにやってきてくれました。
Sankakuくんは以前オーディエンスにもみくちゃにされたそうで笑
「本気で怖がってたので優しくしてあげてください」
とケリーからも注意が。
こんな話をしてる間に、オーディエンスには化粧直しをしてほしかったそうで笑
「最近のカメラは性能いいですからねぇ。」
と。笑

そして「Let's get FUNKY!!!!!!!!!!」という掛け声で次の曲へ!!



Chance Comes Knocking.
キタ──(・∀・)──!!
完全定番のCCKはもうとにかく全員が暴走。
一回ある程度のところまでくると、一旦CHAKA姉にバトンタッチ☆
CHAKA姉のあおりが好きになりました。
今回は竹内さんのいる回には入れないからなぁとも思ってたんですけど、
CHAKA姉GJ!!!!!!!!!!!!

そして最後はグループ別ハイヤーがあります!!!
「じゃぁまず10代で!!!ハイヤー」
「次20代!!!!!!」
「ハイ、30代!!!!」
「それじゃ40代!!!!!」
「50代の人!!!!!!」
「60代より上の人!!!!!」

ここまで来たら次はもちろん!!!
「じゃぁ今度は男だけで!!!!」
この日の男だけハイヤーはノリが悪かったです。笑
でもケリーはあおり続けます。
「そんなんじゃモテねーーーぞっ!!!!!」
「彼女が出来るようにと祈りをこめて!!!!!」

その次は「じゃぁ可愛い子たちだけでいってみよう」
もちろん女子はほぼなんの恥じらいもなく参加笑
するとケリーは「皆可愛いね」と言ってくれますが…
「でもよくみると…??」
「そうでもないな笑」

さすが隠れSやな笑



挨拶
ケリーは5日空いての本日のライブだったため、
構成をほとんど忘れたそうで爆
でもちゃんと思い出せてよかったね笑
そのせいか今日はメンバー全員がテンションおかしかったらしいです笑

「本日は一本締めでライブを終わらせます」
なんでそんなことになったのか笑
先生はツボってました。

そんなかんじで一本締めでライブ本編が終了笑



―アンコール―
挨拶
まずは、これから流行る言葉を伝授笑
「これは目上の人がね、謝ってきたときに使う言葉です」と、ケリー。
「そんなに謝らないでくれさい。」
これは最後ぎりぎりまで上から目線でギリギリのところで目線を下げた言い方らしいです。笑

そんなぐだぐだな会話もしつつ、最後には真面目なお話もしてくれました。
「愛を大事にしてください」って。
心に重く、それでいて心地いい言葉をくれました。
「この時代は大変な時代だけど、
此処に来てくれたということは
まだ愛を信じるという行為を
あきらめていないのだと思うから
こんな時代だけど、
愛を信じていこう」

って言ってた。



Rainbow wing
生で聴くこの曲は凄いの一言だった。
なんかもう愛を感じすぎて言葉も出なかった。
動けなくなるほどに、ケリー凄すぎた。
体全部を使って歌ってるように見えて、本当に感動した。

「この曲を聴いて苦しくなった人はそれをここにおいていってください。
それを僕がまた愛に浄化して皆に投げるから。
僕はその強さを手に入れたから」

って言って、力強く歌ってました。
本当に凄いんだからケリーは。



エンディング
全員があの中央の△型の入り口から出て行くんだけど、
最後の最後までケリーは愛を投げてくれた。

「僕でよければまた会いに来てください」

ケリーありがとう。
また会いに行くね。って心の中で約束をして会場をあとにしました。
| デート | 23:59 | comments(0) | 光那 |

Endless SHOCK 2/15 昼の部

お昼の部に行って来ました!!!
今年もカンパニーの凄さに圧巻して泣いてしまったです。



オープニングは去年と変わってません。
トウマとアキヤマの台詞が変わったかな。
「おばけがでる」ってやつでアキヤマが
「こちらにはポスターを買ってくれたお客様もいますねー。ありがとうございます。…ぜひ、MAのポスターもお願いします」
…ごめん。座長でいっぱいいっぱいだよ…。


最初のショーもコレといって演出の変更は特にない感じです。
衣装も変わった感じはなかったです。
トウマのダンスを久々に見て「やっぱジャニーズだなぁ」と関心。
トウマらしさのにじみ出たダンスでした。


バックステージに場面が移ると台詞なんかも少しずつ変わってきましたね。
まぁアキヤマのおごりってのは変わってませんが。
コウイチの登場がまたまた変わり今回は清掃員の格好でした笑
「はーいお疲れー」などといいながらモップがけ。
シャンパンには今年電飾がついてました。
相変わらずマチダはコウイチが好きな上に今年はそれにさらに拍車がかかっていました。
トウマが機嫌が悪くなった理由も最初は「マチダが悪い」だったのに
最終的には「そうだ、アキヤマが悪いんだ…!!」と笑顔
バックステージはアキヤマがオンブロードウェイのプロデューサーに会うところで終了。


屋上のシーンは最後に一回はけたトウマがアキヤマに
「これコウイチから」と手紙を渡す。
「何?ラブレター!?」
「そうだよー!!絶対そうだ!!」
「あ、マチダには内緒だぞ!!あいつ怒ると怖いからなー」
そういって開けると…

「親愛なるアキヤマ様。シャンパン代よろしく。」

請求書でした。笑


次の日はブロードウェイの町へ。
3時のって言ったくせにに13時に来た座長。
皆に切れるも自分の非をすんなり認め
「ボクがわるいのねー」
「許しちゃう」
特に変化もなく問題のショー絶賛の記事のシーン。
これも少し変わっていてアキヤマの劇場に対する思いや
トウマの不安やリカの思いなんかもより詳しくなってました。


『World Adventure』に関してはまた少し演出が変わってたりもしました。
ブリティッシュロックのタップはトウマ・マチダ・ヨネハナ
チャイナのタップがアキヤマ・リカ
サンバのシーンがヤラ
アイルのタップがMADとトウマ、最後にコウイチ以外の全員が出てタップ。

バックステージのシーンはやっぱり少し変わっていて
やっぱトウマやまりかさんが入ると違ってくるものなのかなと思いました。

『ジャパネスク』はもう初っ端から大変汗
トウマ・コウイチの登場の仕方が変わって、
トウマは白の布をまとって正体がわからないようになってて
その格好で客席に向かって矢を放つ(フリ)んだけど
その矢を…

ギリギリギリ…ズバン!!!!

座長、素手掴み(あくまでフリ)

そこまで最強アピールしなくても汗
鬼かと思ったよあたしゃ笑


そして何時もの如く怒涛の殺陣の始まり。
迫力は年々増していくので今年は殺気をマジで感じました。
トウマの声とか怖すぎてビックリした。


そして最後にコウイチが切られて階段落ちで1幕終了。



2幕も最初は特に変更はなかったですが
おなじみシェイクスピアの部分では変更点も見られました。


ハムレットはほとんどの台詞が光一さんになってました。
「父上ー!!!!!!(byアキヤマ)」がなくなってたのが残念だ。
コウイチの「ドロドロに溶けてしまえばいい」にまず萌え。


リチャは台詞が増えてました。
「貴方から立派な夫を奪ったのはもっと立派な夫を与えるためだった」
というかトウマの声がもうなんかひたすらツボというか…笑
なんかねぇ、「馬をくれーっ!!!!」って声がすっげぇ亮兄貴の声に聞こえた笑
そしてお馴染みの

「絶望して死ねえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええ!!!!!!!!」

萌えマックスキタ──(・∀・)──!!
しかも2回もキタ──(・∀・)──!!


麗しのみんなの王子様・ロミオは特に変更点はなかったです。
マジちゅーかは気になるが笑
2階席もどかしー!!!
でも座長はどこから見ても麗しかったです。
ロミオ万歳。


バックステージに帰ってくるコウイチ。
清掃員の格好でまたモップがけ。
モップをかけながら一言「帰ってきましたよー…」
しかし電気まで消され、熱烈歓迎もないまま。
おまけにピアノの上には「稽古場の光一」の写真笑
あの痛々しい姿でダブルピースをしております。
「なんだよコレ。まるでオレが死んだみたいじゃ…って裏アキヤマーっ!!!!!!
のた打ち回ってる所にリカ登場。
「あなた、こういうときに来ちゃうのね…」
その後リカに「もうどこにも行かないで!!!!」と抱きつかれるも
「おわっ、あなた意外と力強いのね汗」
苦しそうでした汗
ソコにMA登場。
マチダさん、本気で悔しがってます。
そして「コウイチー!!!!!!!!」
「寄るなバカっ!!!!」
「コウイチ、本当に大丈夫なのか??」という問いかけに対しても
「ほらこんなに元気ー」とのた打ち回り最後キメ。
「決まってるだろ??」


早くステージに立ちたいと、此処でMAとコウイチのダンスシーン。
そこからトウマに会いに行くシーンへ。


トウマのナンバーからダンスバトルのシーンまでは流れは全て変わってません。
トウマはリチャまでと髪型を変えてます。


そして物語の佳境へ。
トウマの迫真の演技に完璧にやられました。
成長したね。
去年よりもさらにパワーアップしたカンパニーを見れた気がしました。
このシーンではあちこちからすすり泣く声とかが聞こえてきて
やっぱり気持ちを揺るがしてるなぁと実感。
私も泣いてたしね笑


最後のショーも基本構成はほとんど変わってません。
ナオキさんとのパーカスバトルも毎年パワーアップしてて
今年もとっても面白かったです。
フライングは去年はやっていたトウマのフライングはなく、トウマはパーカスへ。
ラダーフライングはコウイチのみで、2階席へのスタンディングは
また飛ぶときに首の辺りを思いっきり引っ張られていたので
ムチウチにならないか心配になりました。


マスク前のトウマとリカの演目も変わってました。
紐を使った演目かな。
マスク自体も演出が変わっていて剣がマジで燃えてたからビックリした
「燃えてるっ!!!普通に燃えてるよー汗」と一人で焦ってました爆


『夜の海』でのそれぞれの思いを聞いてもまた泣けるし。
アキヤマの「コウイチは自分が消えるとわかった今でも走り続けてるんだ」でダァー号泣


コウイチの最後も変わっていて、『夜の海』が終わってすぐコウイチは倒れてしまいます。
『大桜』が流れてトウマやリカ、MA、MADがかけつけてきて、
桜の下に運ばれ、て白い布をかけます。(このとき舞台袖に行く光一さんを目撃爆)
そこで子供の頃のトウマとコウイチのやりとりの声が流れ
トウマがいろんなことを思い、複雑な顔をしてて…。


『CONTINUE』でコウイチが思いを述べて本編は終了。



全体の感想としては、今回は怪我が多い中
よくあそこまでがんばってできたなぁと思いました。
アッキーのやるはずだった光一さんのロープも
アキヤマの負傷でヨネに変わって最初はすごく心配だったけど
あそこまで出来るならしんぱいはいらないかなって思った。
リカの声にはビックリしたけど笑
トウマもすごくよかったし私は今年のEndlessが一番感動した!!!
ストーリーもそうだけど、
カンパニーの団結も今年が一番感じられて凄くよかったと思いました。

来年こそ、1階席で観劇をしたいです笑
| デート | 21:46 | comments(0) | 光那 |

KinKi Kids Concert Tour 2006-2007 Harmony of Winter -iD- 12/31

ステージはKinKi@千葉メンさんによりますと
夏のV6ステらしいです笑
ムービングが中央とわきの合計3つですね。
かわいらしいステージでした☆


●真冬のパンセ
 久々に花火を使ったド派手な登場でテンションドカンとあがりました!!
 此処最近はシンプルな大人しめな登場が多かったのでちょっと新鮮でした☆
 ステージ中央に2人ならんで登場してそのまますぐに左右に分かれて
 花道の方へ行かれました。


●雨のMelody
 ここにこの曲かー!!と意外だった曲ですね。
 ムービングステで2人そろって合体してくれたのがまたちょっと嬉しくて
 しかしこの曲を未だにきちんと踊れる自分が凄いなと笑
 勢いある感じの選曲がこの後も続きますよー。


●ビロードの闇
 で、これをもってきたのも意外といいますか…
 やるんかなーこれって思ってたものをもってきてくれて嬉しかったです。
 この曲の振り付けがとっても好きなので
 たとえ天井からモニター観戦でも見れたのがよかったです。


●Rocketman
 これすっごく久々でしたね!!
 もうやらないかと思ってました爆
 久々に聞くとすっごいテンションあがりますねー。
 ファンのペンライトの振り方も変わってなくて尚更なつかしくなっちゃいました♪笑
 ドラムの台からツョは大々的にジャーンプ!!!


●Harmony of December
 で、いいかんじに盛り上がったところでしっとり新曲ですか。
 いい選択ですよー。
 後ろのLEDの演出はとってもよかったです!!
 すっごい綺麗なんですよー!!!!
 客席から「おぉーっ!!」って声があがってましたからね♪



〜MC〜
まずはお決まりの挨拶を…
光「皆さん改めましてコンバンワ!!!(キャーッ!!)…堂本です!!!(きっぱり)」
剛「えー皆さん、コンバンワ。(ワーッ!!!)…どうもとです。(ひらがな調)」
「まぁ改めて2人とも堂本ということでね…」

そしてイキナリ爆弾落としたよーまりもちゃん(ぇ)
「恋真っ最中ですよ。恋してるんですよ、今。もちろん皆さんともですけど、何より…君とね(光一さんの肩をポンとして)」
ファン「ギャーっ!!!!!!!!!(歓喜を超えた狂気)」
しかしすぐに「こういうこと言うと喜ぶんやろ??」と落とす発言。
いやいや喜んでるのはファンだけではなくソコの車オタクもかも(腐ってるんで気にしないで)
「女の人って男同士がこーゆーのすると萌えーらしいで」
こーゆーのとは光様がつょのほっぺを触…(昇天)
もちろんファンは「ギャーっ!!!!!!!!!」ですわ。

「剛さん!!飛んだねー!!」
「この台はね、9メートルあるんですよ。」
「9メートル!!?笑」
「えぇだから危ないんですけど。ここは俺が…いや、剛さんダメです!!いや俺がやる、みたいな笑 本当は」
ちなみにこの台は後ほどのMCでも話題に出てきます。

流れからあおりを入れることに。
まずはつょから…
「アリーナー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「スタンドー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「三階ー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「…うっさい!!!」
Σ( ̄□ ̄;
続いて光様
「アリーナー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「スタンドー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「その上ー!!!!!!」
「ワーッ!!!」
「その上らへーん!!!!!」
「ワーッ!!!」
「あなた適当すぎます笑」
「えーだって。ドコが何階かわからん。」

「この斜めのトコとかに足乗っけたりね。」
「カッコいいことせんよな。できない。」
「だってみんなステージは生きてるんだよ!!」
「ここら辺とか人入ってますからね」
「…入ってるんですか笑」
「この台には男性の方がね。ちょっと舞台の骨組みが足りないと言うことで。どうしようかってなって、じゃぁ此処は俺が…、いや剛さんはダメです!!いやでも俺が…ダメです!!俺が入れば光一は舞台に立てるから!!ダメです剛さん!!」
「なんの小芝居やねん笑」(といいつつ雪崩)
「で、まぁそれは別の方が入ってくださって。で、こっちの台には岸谷さん一家が。」
「なにそれ笑」
「セットを支えませんか??って募集して抽選で当たったんでね。それと多田さん一家ですね。」
「笑」
「だからこのセット若干浮き沈みしてるんですよ。」
「そうなんですか!!!?」
「えぇ。」
「へー。このセットも俺の知らんことばっかりやな。」

そしてまりもことつょのウサギの毛の紫帽子を触りまくる光様。
「気持ちいいんですよーこれ。」
「ずっと触ってたい。曲中とかずーっと。」
「いや笑 それかなり迷惑なんでせめて間奏とかね、その辺でならいいですけど…。」

「大晦日というこの忙しい時期にKinKi Kidsを選んでくださってね、ありがたいですよ。」
「ホントにねーみなさんほんとにどうもありがとうございました。(もごもご調)
「笑 ちゃんとお礼いいなさい笑(雪崩顔)」
「ほんとにね!!笑 みなさんほんとにどうもありがとうございました。(もごもご調)
「今回もね、男性の方が多くいらしてくださって。ちょっと声を聞かせていただいてよろしいでしょうか??」
「ワーッ!!!」
「君らはどうしてK-1に行かないんだ!!!」
こっ光様!!!?
「君らどうしてこっちなんだ!!いいの??KinKiで笑」

「大阪でな、ホテルで足痛いなー思って。靴下ぬいだら足の裏にタコあってん。」
「全然踊らないから??笑」
「多分な。なんかこんにちわーってしてた。誰やねんお前みたいな。」

このMCだけで30分近く話したため、
「本当は今日はカッコいいかんじにしよう。そしたら短くまとまるやん。そう言ってたんです。」
「でもこの説明してまた伸びたな」


●iD -the World of Gimmicks-
 掛け合いやばーい!!!
 ダンスやばーい!!!!
 LEDが私の想像通りのカッコいいデジタル系でノックアウトされた笑
 この曲は2人じゃないとダメね。
 ツョと光様やないとあかん。ダメ。
 後輩歌いやがったらぶっ飛ばす(ぇ)


●藍色の夜風
 衣装がツボったー!!!!!
 ノースリ巻き巻きキタ──(・∀・)──!!
 曲とかそんなんよりも衣装ツボって萌えてた爆
 演奏も歌も素晴らしかったですが
 もはや衣装がツボすぎてそれしか記憶にない…。


●星のロマンティカ
 ロマンティカは意外だった。
 「えっ!?この曲やるん!!!」みたいな感じで。
 流れ的にも意外だったし、いい刺激になりました。
 あ、衣装はでも変えてほしかったなー。
 『藍色の夜風』のまんまやったからちょっと私のイメージとちがかったのよね。


●Get it on
 ヤラさーん!!!!!!
 ヤラさん天才だよっ!!!
 ヤラさんの振り付けカッコいいよ!!
 特に「手を伸ばし〜」の振りと2番のBメロの英語の多い部分の拳あげる振り!!
 ああああああおってるよー!!!!
 私めっちゃあおられてるよー!!!
 しかし衣装のタンクが『Deep〜』で着てるものに見えたのは…気のせいですよね。
 ジャケットもSHOCKのツバサがバイクのシーンで着たのをキラキラほどこしたって感じした…爆


●Parental Advisory Explicit Content
 大阪での話を聞いていたので東京のは物足りないなー。
 東京は偉い人おるからなかなかラブラブ野放しはできないのね。
 いいなー。大阪。
 大阪のコレ見たかった。


●百年ノ恋
 セトリ一番のサプライズって感じ!!
 今これですか!!!ってビックリの選曲でまた刺激された。
 で、この曲聞くと頭を振り回してしまう私ですから笑
 とんでもないことになってしまいましたよ笑
 MVとか懐かしいなー。今度ひっぱりだして見よう。
 そして光様公言どおりツョの頭のまりもをガンガンさわりまくってました。


●-so young blues-
 これも流れ的にノリがいいし、『百年ノ恋』バリのサプライズで。
 あぁこのプロモはじめてみたの中2の夏で
 光様は「小さいお子様にはよくないので目隠ししてください」って言ってたなー。
 とか昔話を思い出しながら見てました。
 先ほどのMCで言ってた斜めの部分に足を乗っけて歌いまくってたんですが
 調子こいて動く照明に足を乗っけたためずりおちて恥をかく爆
 「やっちゃったー」って笑ってる顔ギザカワユス。


●Friends
 今のKinKiの歌声でこの曲を聴いた瞬間
 「あぁ、すっげー大人になったー」って関心してる親心(ぇ)
 昔からこの曲を聴いてた私にとってはなんかすっごい嬉しい反面
 「私も年取るよな」って凹むものもありました笑
 しかし何回聴いてもいい曲だなー…


●99%LIBERTY〜メンバー紹介〜
 リバティーキタ──(・∀・)──!!
 もうこの曲大好き。
 後ろで流れてるPVも可愛い。スキ。
 で、メンバー紹介がまた笑
 「今日のテンションおかしい」とずーっと言っていたツョが踊りだす。
 それはもうなんかリフトとかはげしくやっちゃって
 光様もびっくりで歌いだし失敗するくらい踊る踊る笑
 どうした堂本剛。
 足の裏にタコが出来たのがそんなに悲しかったのか!!!爆
 そしてまた▲張隋▲疋薀爐里△訛罎らジャーンプ!!


〜MC〜
「剛さんアクティブですね。」
「でもリフトとかしたあととか起き上がって歌うのしんどいねん。」

「剛飛んだねー!!!」
「まぁあれで300万ほど入ってるんで。」
「えぇ!!?笑」
「危険じゃないですか。9メートルの高さから飛ぶんですから」
「えーそんなもらえるなら俺も飛ぼうかな」
「貴方飛んでも珍しくないでしょ。」
「笑 まぁじゃぁさ、剛さもう一回飛びなよ」
「えー。飛べるトコあるかなー…じゃぁ…見つけたら飛びますよ。でもなかったらやりません。」

「俺ね、Friends歌ってるときに泣いてる人発見した!!」
「それなんか目におっきなホコリ入ったんだと思いますよ。」
「あーそれかお腹が痛かったんだろうね」
「多分ホコリです。」
「友達の少ないKinKi Kidsが!!笑」
「笑」
「友達達!!」
「笑」
「友達達!!!!」
「なんなんですか笑」

そして光一さんが突然「カットソーの意味教えてよ。」と剛さんに言い出す。(客放置)
「いやね、此処で聞くような内容じゃないでしょ。」
「とか言ってしらんのやろ??」
「知ってますよ。僕はファッション誌持ってるんですよ!!」
「俺F1誌やってる!!」
「知りませんよ。ダウンフォースとか笑」
「でも知らんねん絶対」
「知ってますって。僕情報いっぱい入ってきますもん。でも流行とか興味ないから…」
「知ってる??」(急に客に振る)
「教えたらあかんで。」
「知らないってよー!!教えてよ。」
「あのね、今インターネットっていう便利なものがあるでしょ!!それでカットソーって検索すれば一発で出てくんねん。」
「ふーん。じゃぁ検索しよーっと。」(それで納得した剛溺愛人間)

なんの流れだか忘れたんだけど急に「じゃぁコレできる??」とツョにふる光様。
手首を動かさずにひじから上だけを動かすという動き。
「東山さんがな、【光一、コレできるか??】あーできないです!!【出来るようになっておけ】って。」
「なにそれ。」(一生懸命ぎこちなくはじめる。それが可愛すぎる)
「だから…」(剛さんの手を握って指導)
「ギャーっ!!!!!!」(狂気)
「うっさい!!!…あなた動かないわねー!!!」
「俺な、ボクシングしてからガチガチやねん。」
その流れからシャドーボクシングを始めるツョ。

いろいろ話をしている最中にイキナリツョが「ちょっといいですか??」と話を切る。
「あのね、僕すっごく耳がいいんです。」
「俺も今聞こえた!!!」
「ホント僕ね、ねずみがチチチチ言うてる音とかエクステのカサカサって音も聞こえるくらい耳いいんですよ。誰や、くしゃみしたやつ!!!!
「笑」
「しっかもえっらいベタなくしゃみ!!」

緊急事態発生!!
光一さんがベタにマイクに水をぶっ掛ける爆
「うわぁ!!!」
「なにしてんねん!!高いマイク!!」
「拭かなきゃ!!」
「点検した方がいいんちゃうの?」
「お拭きしまぁす」(茶目っ気出すほど余裕)
「大丈夫なん?」
「んなぁー!!!!!(超低音美声)大丈夫◆(舞台を拭き拭き)
「ホラ点検するってよ。」
「んなぁー!!!!(超低音美声)大丈夫だって」
「一応見てもらえって。」
「んじゃぁ…」
裏手にいるスタッフにマイクを渡しに行くとソコには大人数のスタッフが!!
「うわーっ!!!めっちゃ多かった!!怖い!!」
「これね、コンサート終わった後光一さんはねー、【どーもありがとー!!!!】(はけたとたんに首根っこつかまれて壁に叩きつけられる真似)ドン!!ボス!バキ!!」(まりも脱げる)
「あぁっ!!!」
ツョもまるでズラが脱げてしまったかのようにあわてて帽子をかぶり
「焦った。」
「タダの帽子なのにね、脱げると焦るわぁ」

「熱いので僕はノースリーブです。」
お客さんがいないと本当に寒いんだそうで、
ドームに来るときはいつも防寒対策してくるそうですよ。

「じゃぁそろそろバンドの皆さんに出てきていただきましょうかね。」
後半にむかって準備を始めるステージ…ところが
「おーい、何してんねん!!笑」
ツョがキーボードに近づきいじくり始める。
「貸してください。いいよ。(たけし調)
「それたけしやんか笑」
そして素でキーボードをいじりだして普通に演奏に感動爆
ちゃんと「ごめんなさい。調子こきました」ってキーボードの方に謝って
キーボードをいじって満足かと思ったら今度はドラムをいじりだす。爆
普通にかっこいい。そしてお上手爆
「楽しいねー。」
「お前自由すぎるわ。」
「なんかな、ここスキやねん。上りたいねん。」
「お前虫みたいやな笑」
「今日おかしいねん。テンションが。」
「いいじゃないですか。おかしくて。」
「光一さんも思いついたらやってくださいよ。」
「えー…ないわ。」

「虫といえばな、前広末とドラマやってたときにセミが凄くてな!!」
「そらぁ音声さんも大変やなぁ。」
「広末も怖がってたんやけど時間ないからってやったんよ。でもセミがミーンミーンって(ライトに)飛んでくる。」
そのネタから思いついたのか光一さんそのあと急に剛さんのキラキラの部分に突進。
「ちょっ…お前そんな力強…」(倒れこむ)
「笑 思いついたからやってみた。」
「そんなんお前親戚のオジサンに突進してくる子供やんか笑」


●孤独の街角
 ダンサーさんの衣装予想通りでした☆
 それだけでちょっとテンション高いからね笑
 この曲も「やってくれた!!」って感じでコンで披露するかなーって不安だったので
 かなり幸せでした☆


●Black Joke
 キタ──(・∀・)──!!
 この曲本当に好きなんでマジやばかった!!
 ダンスもすっごくかっこいいし、
 マジやられた…。
 なんかもう幸せすぎて記憶がないんでそんなに語れない爆


●Love is the mirage...
 ツョがあんなに動くなんて意外だった。
 去年の『Breath』みたいにスタンドマイクかなーって思ってたら
 あんなに動いてくれて
 そしてすごく綺麗な伸びやかな声で
 やっぱりカレの歌はパワーにあふれてて素敵だわーと関心。


●futari
 人とはツボりかたが違うのか、この曲で泣いてました爆
 なんかいろいろと昔の映像が出てきて
 あぁこの頃はこんなだったなーとか
 あ、これはあの曲を歌ってるあの番組の映像だ!!とか
 氷室警視と夏生さんに爆死しました笑
 なんか昔を振り返って、最後に出てきた言葉を見て泣いたねー。


●硝子の少年
 それでこの曲に繋がったわけでしょ。
 もうヤバイってマジで。
 最近は生バンドでこの曲を演奏するのでだいぶこのアレンジに慣れてきました。
 素敵な演奏だなーって。
 そしてこんな素敵な曲がデビュー曲でKinKiは本当に幸せものだなーって思いました。
 10年前の曲なんだね、もう。
 それが信じられないくらい早くて何時の間にかもう10年で
 きっとこの先もこんなに早いのかなってちょっと思ってみたり。


●僕の背中には羽根がある
 これも最近のコンではやたら定番ですね。
 プロモ懐かしいなぁ!!!
 生のKinKiちゃんも見てたけどプロモを見入ってた瞬間もありました。
 なんか懐かしいなー。ホント。
 たしか…私が中学1年のときだから…あぁ昔だよマジで。
 

●Anniversary
 この曲去年も終盤だったよね。
 でもこの曲は後ろにもってくるのが一番しっくりくるよね!!
 この曲は本当にいい曲だし、
 なによりも私にとっても大事な曲だから
 生で聴けることが毎年嬉しくて、
 この曲でちょっと感慨深くなっちゃいましたね。

〜挨拶〜
ツョの言葉、それが全部等身大をあらわしてて
10年の間にどんな変化があったか
どんな辛いことがあったか
それを踏まえての心からの
「ありがとうございました」
私がありがとうの言葉の中で上位に入るくらい綺麗で純粋な言葉。
光様はツョの言葉を踏まえてちょっと軽い冗談をいれつつも
とっても素敵な言葉を投げかけてくれた。
いつもまずファンのことを考えてくれてる2人。
いつもこのあたりになると胸が詰まってしまって、言葉がでてこなくなっちゃうんだよね。
いつも素敵な気持ちにしてくれてありがとう。


●Love is...〜いつもそこに君がいたから〜
 光様が「今の僕らをあらわしているような曲」と言ってた曲。
 中央モニターに歌詞が流れて
 2人の綺麗なHarmonyが奏でられて
 この歌だけでも泣けるのにそんな演出しないでよ。
 マジで化粧落ちるから汗
 涙出そうで、でもこれ以上泣いたらカウコンがって理性が言うのでぐっとこらえました。
 これDVD出たら多分家で号泣だなー笑


●Night+Flight
 しんみりした雰囲気を一気にガラリと変えてくれましたね。
 まぁぶっちゃけそのままはけてもいいと思ったんだけど…。
 これもこれでありかなと。
 やっぱ最後はいい感じに明るく閉めたいもんねー。
 
 一旦はけ。

◆アンコール◆
●雪白の月
 最初セトリを見て「え、アンコ一発目これ!!!!?」って思った。
 だってこの曲ってそんなドカンと盛り上げるような曲ではないじゃないですかぁ!!
 私としてはこれは本編でやっていただいて、
 アンコは最初っからテンション高めのほうがよかったなーって。
 でも「また聴きたいなー」って思ってた曲なんでいいです。もう。


●買い物ブギ
 キタ──(・∀・)──!!
 買い物ブギ、CD化してない曲でCDにしてほしい曲3位笑
 買い物ブギは久々じゃないでしょうか。
 Fコン以来じゃない??
 この曲とたよりにしてまっせのあおりほど燃えるものはないね!!笑


●たよりにしてまっせ
 これは此処最近のコンではお馴染みになりつつありますよね。
 これはたのしかったー!!!
 やっぱこの2曲はいい感じにテンションを上げてくれるノリのいい曲です!!
 好きだわー。いいわーこの曲☆
 やっぱAアルよりも生バンドの方がノれますね☆


●Harmony of December
 最後はやっぱりコレですよね。
 この曲でやっぱりしめてほしかったから嬉しいものです。
 自分の予想がやっぱり当たるとなんか同じ事考えてたって嬉しい笑
 最後まで素敵なHarmonyを奏でてくれて
 ここまでくると「あぁKinKiのファンやっててよかったなー」って思っちゃって。
 すっごい幸せな気分にさせてくれました。


〜挨拶〜
光一さんが仕切って挨拶をしておられました。
何かの流れで急に秋山に「なぁ秋山」と同意を求め
それに対して秋山が「そうですね」と執事のような受け答え笑
「えー皆さんは今日初めて秋山の声を聞いたと思います。」
つーかMAの声聞いてねぇです。爆
KinKiは自分達の環境をとてもありがたく思ってて
これからも周りの人に助けられながら頑張っていきたいって
たくさんの愛を投げてくださって。
私も幸せだよって、2人がいてくれなかったら私はダメになってたよって
お礼をたくさん投げかけたいきもちでいっぱいになりました。
2人がはけるとき「あ、一つ言い忘れた」と剛さん。
「みなさん!!今日は本当に…どうもありがとうございました(もごもご)
それで2人で手を取り合ってはけるのかと思ったら1回だけって感じで
なんと2人でドラムのところにあがってジャンプの準備!!!
2人で思いっきりファンをあおってあおってあおりまくって
3.2.1で2人でジャンプ!!!
テンションMAXで2人は帰って行きましたとさ笑
| デート | 21:14 | comments(0) | 光那 |

KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2006 mirror 〜The Music Mirrors My Feeling〜

※11/3 PM9:20訂正

まずセットはですねー、
某夢の国のトゥモローランドのようでした笑
180度ステで、中央がすこし前にでっぱってて私はそこから3列目の席。
花道は左右に1本ずつ短めのものがありました。
ステージは3段くらいの構成になっていて、
2段目に上がる階段の間にはLEDが4つ埋め込まれていました。
松明があちこちで燃えてました。
中央モニターが横に長い6角形の形で左右にも小さいけど小型モニターがありました。




クローバーOVERTRUE
イキナリの大きい音で「何だなんだ!!!?」的な始まりでした笑
火を結構使っていて近かった私はとても熱かった…笑
MAが松明を持って登場(ヨネ⇒ヤラっち⇒町田さん⇒秋山の順だったはず)して
そのあと女性ダンサーさんが出てきて
最後にわれらが座長がイキナリステージ中央に登場!!
光様の衣装は全身茶色がかった金で、赤い布を巻きつけてました。
まさにソコにはリアル獣王が!!!笑


クローバーDeep in your heart
赤の布を脱いででした。
熱い。火が熱い…笑
最初火がゴーっ!!!!って燃えるもんだから
ステージが眩しくて見えないというヘプニング発生笑
獣王だー!!!
リアルに獣王がいるぞー!!!笑
それから全体的に動きがすごい綺麗なんですよ。
全員がぴったり揃っててかっこいいのーハート
あ、MAが滑り台すべってるーたのしそー揺れるハート(違)


クローバーUNBREAKABLE
衣装はそのまま。
私の予想に反してダンシングしてました。
スタンドマイク希望だったんだけどなー…
まぁ予想を裏切られると2倍楽しめるものですから。
MAとのダンスもすごい息がぴったり!!


クローバー愛の十字架〜Promise 2U〜
予想外です。
想定外です。
こっちきて歌ったの!!!!!!!
「不器用な男でごめんね…。」が近い!!
近いよバカ!!!(ぇ)
この曲は左の花道に来て歌ってましたね。
リフトもあってスタンドの方も楽しめたのではないでしょうか。
ちなみに衣装は獣王のままです笑
リフト上で「盛り上がろうぜ」的なことをおっしゃってました。



クローバーMC
まずは普通に挨拶の光一さん。
横アリが2年ぶりということもありなぜか
「堂本光一でございます。以後お見知りおきを!!!!」となぜか丁寧な挨拶の座長。

最初の3曲の紹介の中で『UNBREAKABLE』の話をしたり、
アルバムの話をしたりしてたんだけど
「〜でしたし」「〜でしでし」とかんだ座長様。(本人否定)
その後また「でしでし」をかましオーディエンスに「プッ」と吹かれ
「なにー!!?なんなわけ!!」とキレだす笑
「【プッ】だってー。【プッ】…そんなお前がプッ」と暴言を吐いてました
客に向かって「ボケ。ハゲ」とも言い出しますが
「…こうやって言うとお前がハゲや」って思うんでしょ??」
わかってるじゃん笑
「そうですよ。あーそうです…って違う笑 俺違う笑」
たしかにまだはげてませんからね笑

参加型のコンにしたいとおっしゃっていました。
「だからステージにのぼってもいいよ。すぐつまみだされるけどねー」
言いながらつまみ出される真似をしてました笑
いじめだ…!!!笑

横浜アリーナで客席にいろいろ質問を投げかけるんだけどみんなワンテンポ遅れて返事するのよ。そうすると
「今日は年齢のいった方が多いですね。」
暴言だ。暴言。

そんな座長に「可愛い」とオーディエンス
「知ってますよ。可愛いでしょ??」
…そうですね汗
「あのねぇ、もうすぐ28になるおとなにね…」
お??可愛いとかいうなとお説教するのか??
「可愛いって言っていいと思う!!」
あ、いいんだ笑

ツアー中男性も多いとの感想を述べてた座長に男性の方からも声援が☆
「はいどうもー」と応じておりましたが
「【光一ー!!!】って言われると喧嘩売られてるみたいですよね。買いますよ??」
かっ買うの!!!?(ガタブル)
その後も声援に「はい、光ちゃんですよー」とお答えになられていましたぴかぴか



クローバー+MILLION but -LOVE
さっきの獣王ファッションにプラスゴールドのロングコートをお召しになられました。
あぁ!!女性ダンサーのみなさんに白いはちまきみたいな長い布で座長ががんじがらめにー(ギャーラブラブ)
椅子も使ってのパフォーマンス、素晴らしいです。
マジでカッコいいです。


クローバーTake me to...
白のインナー黒ジャケダメージデニム金のチェーン(チェーンは曖昧)の衣装。
わーいジャケットおそろーい(殴)
振り付けが可愛かったです☆
最後がめちゃめちゃおもろかったんだけど
女性ダンサーさんはヨネとヤラっちと一緒にはけちゃって座長とはだれもはけてくれないの笑
そこに座長に声をかけたのがリアル秋山…
運命を感じたのか二人は…オーディエンスからは「ギャー」って悲鳴笑
悔しがる町田さんがいい味だしてました笑
あ、一応言っとくけど本当にはしてないからね笑


クローバーLove Me More
衣装そのまま、ダンスも多分Hコンのままだったと思います。
LEDもすごく凝ってたよー。
相変わらずかみないもーだったけど。


クローバーAddicted
衣装が…衣装が何か違う汗
どうしてそんなに赤いの
赤のパンツ(お尻ポケットスパンコール)ラメ入り赤のロングジャケット(左手スパンコール・ジャケット模様アリ)黒地に真ん中に黄色の縦線入りタンクの衣装
最初はお決まりの赤い帽子もかぶってました。
私の中では全身真っ黒の予定だったんだけどなー(お前の都合なんか知るか)
LEDがめっちゃ駆使されてます。
ステージに埋められてるLED4枚を使っての最初の演出。
その上の中央のモニターには光一さんの目が映ってます。
目が見ているLEDに光一さんが映ってます。
私のお気に入りは一番最後(客席から見て一番左)のLEDの光一さん。
め ち ゃ か わ い い ハート大小
さらには鏡6〜8枚くらい使った(多分6枚)演出。
これは横から見てた私はあんまり綺麗に見れなかったなぁ。
多分中央から見るものですねあれは。
私よりも端から見てた人は鏡にさえぎられず光一さんを見れたのかが気になります。
この曲好きだったからちょっとソコは残念かな。
カッコよかったんだけどね。座長そのものは。
鏡を持ったダンサーさんも後ろできちんと踊ってるのにも感動したぴかぴか


クローバー追憶の雨
真っ赤っかのまま歌われてしまいました。
せめてジャケットだけでも変えて欲しかった…。
ステージ中央のリフトで熱唱のため、
下から見ていた私は後光が射しているように見えました。
しかし、座長歌うまくなったなーって実感しましたね。
「そんな風にぼーくはおもーうーるんるん」が懐かしい笑



クローバー短いMC
次の曲『Why don't you dance with me?』の説明です。
この曲はEndless SHOCKの劇中歌として座長が作曲なさったもので
SHOCKではこの曲に秋山はでてないんだよね。
「寂しそうに見てたから覚えたら一緒にやってもいいよって言ったらさ、アイツMAのほかのメンバーに【フリ教えてー】って言ったら【ヤダ】って言われててさー笑」
いや、笑い事じゃないような…イジメですよイジメ!!笑
「【こんなんだよね】って!!笑」
貴方が主犯格でしたね。忘れてました笑
結局秋山はちゃんと教えてもらったそうですが。
「でもこの曲って一緒に踊ろうぜ!!翼とか錦戸に踊ろうぜ!!って呼びかける歌なのに秋山に言うのはムカつくんです。」
おーい!!!笑
「だからWhy don't youの部分をWhy do youに変えて歌うと気持ちいい。なんで踊るの??に変わるから笑」
せんせーこーいちくんがあきやまくんをいじめてまーす。笑
「Show me your stepの秋山のケツ凄いんで見ててください笑」



クローバーWhy don't you dance with me?
「AKIYAMA〜るんるん」という呼びかけからイキナリはじまりました笑
…あれ秋山ドコ??あっ!!!!!
左花道に秋山発見(しかも物凄いはじけてる笑)
もちろん光一さんもMAも「どうして踊るの??」と問いかけてましたグッド
1番は座長、2番は秋山がメインで歌ってましたが調子をこいたため途中から座長へ笑
最後の「Just do it!」は秋山が渾身の叫びをかましてました笑



クローバーMC
MAを紹介した後なぜかカメラに抜かれた光一さんのケツ(秋山抜こうとして映った笑)
座長のケツにちゅーをするという遊びを始めた秋山に
「いいなぁ…」と町田さん笑(しかも本気)

イキナリ青いタオルで汗を拭く王子。笑
MAに「ハンカチ王子だ!!笑」と騒がれ
そのまま首にタオルを巻きしばって一言。
「これがハンカチ王子と一味違うところだな。」
流行の最先端だそうです。

ステージで水を溢した王子。
「大丈夫ですか!!?」と駆け寄るMAに対して
「俺のマイクは大丈夫」となぜかマイクをかばってました笑

北海道でのオフショットも見せていただきました
メインはヤラさんのホッケでしたが笑
1枚目が北海道の海鮮!!うまそー…。
2枚目がヤラさんのホッケ笑
3枚目がホッケと格闘するヤラさん笑
ホッケがくるまで目の前にあったおにぎりは端へよけられていました笑
4枚目は中盤戦のヤラさん笑
5枚目はジャガイモを食す王子。
黒タンク二の腕萌え笑
6枚目終盤戦のヤラさん笑
7枚目はヤラさんに食われたホッケの骨と皮爆
8枚目はそれと一緒に写る笑顔のヤラさん笑
9枚目は大貧民大会(AV男優がまぎれこんでいたような…笑)
10枚目はテンションが上がってしまったがための秋山以外のメンバー、なぞの前髪。
王子が王子じゃなくなってました。
なんていうか…地球外生命体だった…。
目がうつろでね…。MAはノリノリだったんですけどね笑
町田さん可愛かったね。笑
でもなんでヤラさんと町田さんは上半身裸だったのかな…笑
そしてその場で地球外生命体をやろうとする王子笑
とまぁほとんどヤラさんとホッケだったわけですよ笑

そこで急に大貧民大会をやることに!!
トランプは光一さんのマネージャーさんのものです。
最初に光一さんが手品を披露☆
最初に選んだカードが最終的には何回やっても出てくるって手品!!
普通に凄いから!!笑
でももっと凄いのが秋山の手品で、
表も裏もぐちゃぐちゃに混ぜたカードが一瞬で全部裏になるって手品。
最後モニターに顔のドアップはきつかった…笑
ツアー中は秋山最下位で終わった大貧民大会、この公演で負けた場合は罰ゲームが笑
最初はカードからして光一さんが罰ゲームの可能性大だったのですが、
1位秋山
2位ヤラっち
3位町田さん
4位奇跡の逆転光一さん
5位ヨネ(みんなが2ペアとか出すから負けたとコメント)
客席もモニター観戦で「えー」とか「わー」とかでもりあげてました☆
上がったときの光一さんは走り回ってハシャギまくり笑
罰ゲームはストッキングをかぶってメンバー紹介だったんだけど、
ヨネが全部かぶるとバック転が危ないという理由で
秋山がかぶることに笑
ヤラっちもバック転だし、町田さんは切り傷があるからダメで笑
散々だだをこねて結局は「米花のためにかぶります」と了承してくれました笑

次に今回の振り付けコーナーウィンク
本日の講師は秋山先生ですイヒヒ
立てといわれて立ったんだけど遅かったのかまた
「座れって言うとめっちゃ早いのに立つのはみんな歳だから遅いねー」と暴言。
今日のテーマは『かわいい振り付け』だそうで、
最初はうさぎさんの耳を意識して両手を頭の上に。
1〜4カウントで2カウントずつ右⇒左
左を向いたまま5〜8カウントで1カウントずつ右左と上半身をゆらします。
そこまでを通してやったら前の方がやらなかったためキレる秋山先生笑
「まぁまぁ、ボクがいうときますから…」と王子が秋山先生をなだめ
「なにしとんねんゴラ!!◎※△@■〜!!!」とヤバイ関西人に変身ぴかぴか
何も知らない人が見たら多分普通に怖いです(ガタブル)
「多分これでやるとおもいますー」
はい。やります。すいません。やってたけどすいません。
そのあと4カウントで1カウントずつ猫の手で右左の順で上下させます。
そして…その後は女子に向かない動きのため(MAも光様も嫌がる)大ブーイングモゴモゴ
仕方なく秋山先生がフリを変えますが出てこなくてフリーズあせあせ
でたネタは残りの4カウントで2カウントずつ説明しがたい動きを笑
両手の平を内側に向けてこするようなしぐさで最初は6カウント目で右手を上へ
同じ動きで8カウント目で左を上にという動きをしていたら
座長様がスペシウム光線(ウルトラマン)を採用。
6カウント目と8カウント目にスペシウム光線をして
一通りの動き完了。
それを2回やったあとに最後ウルトラマンが星に帰る動きをして終了笑
スペシウム光線あたりから光様が主導権をにぎり客席を指導。
スペシウム光線でウルトラマンの声が出ないとまた怖い関西人に変身してました。
なぜか秋山に「ウルトラマンの声違う」と指導を始めたり笑
しかし座長、ウルトラマンの声うまいね。(関心する場所違う)

KinKiの新しいシングルについて宣伝をする光様。
客席から「歌って」と当然のごとく声がかかりますが
「ね??やっぱ言われんだよ。やっぱKinKiの曲は剛くんと歌いたいですからね」



クローバーSpica
アリーナ全体が夜空に月
流れ星とか凄く粋な演出ーハートかっちょいいぴかぴか
中央にレーザーの星がでると中央モニターに光様が映し出されるという演出。
アイドルだねぇ。
衣装は赤のパンツ(お尻ポケットスパンコール)黒地に真ん中に黄色の縦線入りタンクでした。


クローバーShadows On The Floor(メンバー紹介・ダンス)
イントロが流れた後メンバー紹介わーい
秋山は案の定ストッキングかぶってました。
左の花道に町田さん、
メインステ左秋山
メインステ右ヤラっち
右の花道にヨネだったと思われます。
ダンサーさん・バックバンドの方々の紹介をして
光一さんも登場してから先ほどの振り付けを会場みんなでイヒヒ
そのまま『Shadows〜』へ。
衣装はデニム金と深紅の布を巻いて黒にシルバーのスパンコールの装飾のタンク深紅のジャケットです。
照明がけっこう綺麗でしたよ☆
衣装なんだけど、こっから先覚えてないので爆
思い出したら書きます笑


クローバーOne more XXX...
これね、女性ダンサーさんの衣装が凄くシンプルで素敵だなーって思って見てたから笑
LEDも女性ダンサーさんの映像たっぷりだったけど
近すぎてあんまり綺麗に見えなかったんだよねー爆
出だしはステッキを使ってましたよ☆


クローバーSNAKE
衣装はジャケットを脱いだと思う…たしか…(曖昧)
中央モニター下でスタンドマイクでした。
これ踊ってほしかったんだけどなー…笑
見所はヤラさん振り付けのMAのダンスだったんだけど
ヤラさん色の強いフリだったなと。
すっごくかっこいいよーぴかぴか


クローバーヴェルヴェット・レイン
位置、衣装は変わらず。
スタンドマイクにエレキキタ──(・∀・)──!!
ウーハーがモロにきて苦しかったけどかっこよかったなぁぴかぴか
だってね、音でステージの装飾に使った鏡がゆれてるの。
すごくない!!?


クローバー-so young blues- 2006
トロッコ(人力)で左⇒右で外周しました☆
バンドの紹介もあったんだけど、いやぁ。
バンドメンバーイケメン揃いだぁね揺れるハート


クローバー下弦の月
女性ダンサーさんの衣装超かわいいハート
1/2の月夜の女性verって感じぴかぴか
すごく可愛いのーラブラブ
肝心の光様の衣装はEndless SHOCKの『夜の海』の色違いverとでも言いますか。
黒のピカピカのシースルーの羽織黒のパンツ紫のインナー(notスパンコール)でした。
中央モニターには長髪剣士映像が流れもうだめです。
降参しました笑


クローバー夜の海
ここで夜の海聞けるなんてっ…!!!!(むせび泣き)
SHOCKの映像は流れてなかったけど、こいつはやばいね。
最後にピンクの羽根がブワーって出てきたのもキレイだっだなぁぴかぴか


クローバー愛の十字架〜Promise 2U〜
衣装は白に縦に黒のロゴが並んでるシャツ(はだけ←重要)と黒パンツでした。(今思い出した。)
ところでもう、脱がないのかな(ぇ)
最初サビをバラードチックに歌ってたんでうっとりの人も多かっただろうが
私は歌詞を間違えないか凄く必死になってました(なにもできないけど)
しかし本当に歌うまくなったわ。
こっちきてくれてありがとうね光様…(号泣)

最後のメンバー紹介で秋山が座長を「こーちゃーん!!!」って言ったもんだから
アンコールは光ちゃんコールでしたぴかぴか



アンコ
クローバー+MILLION but -LOVE
グッズのタオルに上はスタッフTシャツだったと思います。
もうはじけすぎてなにがなんだかわけのわからないことになってましたチョキ
町田さん、ぎゅってしてもらえてよかったね笑
座長は秋山におんぶをしてもらったりなんだかんだキャッキャ楽しんでましたニコニコ
いいぞー!!!




まとめ
シンプル イズ ベストって感じのスマートなコンだったなと。
曲数もそんなに多くなかったけど全然楽しめるコンだったと思う。
正面から見る演出に関してはもうちょっとどうにかしてほしかった気もするけど、
全体的に不満はないし、全然楽しかった☆
比較することはちがうと思うのだけれど、
ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブとは種類が全然ちがかった。
けっこうKinKi意外にもジャニーズはライブにいくけれど
やっぱりどのグループも自分たちのやりたいことを前面にだしてて
それが大成功で。
光一さんのこのコンサートも大成功だったと思いますぴかぴか
またしばらく頑張ろうって思えるコンサートでした。
光一さん、MAはじめバックの皆様、スタッフの皆様。
本当にどうもありがとうございましたぴかぴか
もうやらないと言わずにぜひまたやってくださいな笑
| デート | 21:47 | comments(0) | 光那 |

THE RAINBOW STAR  ENDLICHERI☆ENDLICHERI 8/6

今回のレポははっきり申しまして飛び飛びです。
目悪いからもしかしたら違うかもしれないけど…。
感想はバリバリ書いてくんでそこは期待してくださいね笑


出演メンバー
BAND MASTER & Keyboads  十川知司さん
Guitar  西川進さん・竹内朋康さん
Bass 上田ケンジさん
Dr ひぐちしょうこさん
Percussion STEVE ETOさん
Trumpet 下神竜哉さん
Trombone サスケさん
Saxophone 竹野昌邦さん
Chorus 小田原友洋さん・浦嶋りんこさん・CHAKAさん・松本優香さん・TAMAさん

Manipulater 鹿島さん


今回は場内のアナウンスはかなり爆笑モノでした笑
クーサンの場内アナウンスなんですけどね…。
それは聞いてからのお楽しみですね。




OVERTURE
前回はなかったもので、文字と宇宙の映像に音楽で構成されてます。
ナレーションは…ケリー本人なのかはわかりません。
本人のような本人じゃないような声だったので。
言ってることは英語なんだけどちゃんと映像に日本語が出てくるから意味はわかる笑
また言葉が素敵過ぎてね…ハート
軽くその時点でぶっ飛びましたね。


ENDLICHERI☆ENDLICHERI
前回と絵が違ってたかな。
やっぱコレで一気にテンションアゲ上向きアゲ上向きにしてくのよ。
絵がね、やっぱ普通のジャニーズのコンじゃ見れないような感じで
なかなか新鮮なんですよ。
しかも私はこーゆーの見るの好きだからなかなか楽しめたんですよねコレだけで。


ケリー衣装
ダイヤ紫ラインの入ったスパンコールパンツぴかぴか
ダイヤオレンジタンク
ダイヤ黒ベスト
ダイヤ上着(覚えてない…)
ダイヤ赤いキャップ([si:]コンのグッズに似てた)
ダイヤグラサン

パンツはぴちぴちでした笑


Blue Berry
振りがちょこっと変わってたかな。
最初のに少しつけたしがあったような…。
今回はコーラスの優香さんとTAMAさんはステージ上を動き回ってダンスするんで
見てる分にもっと楽しかったです。
で、恒例と化したケリーのケツ振りね。
前回よりも間近で見れてとても光栄で、思わず一緒にふりました笑
まぁ私がフルのと彼が振るのじゃ全然違いますけど…。
前回はスカートだったからわかりにくかったんだけど
今回はバッチリ確認しましたよー!!
ケツ振りこないだよりも多かった気がする笑


闇喰いWind
前回は歌詞を変えてたんだけど今回はそのままでしたね。
つーかコレ何回やっても疲れる…笑
Blue Berryの後だからかなぁ…でもあれはそんなハードな動きはしないしな。
毎日3セットCCKと一緒にやったら絶対腕やせする笑。
って、肝心の曲語ってないじゃん笑



何回聴いても生の『雄』は衝撃打です。
コーラスの方の振りはなくなってたんだけどなくてもいい。
つーかケリーが「妊娠するんじゃ…」の部分で腹触ってたのは気のせい??
ケリーが腹なでても違和感ないのよねー…。
あの人すごい中性的な魅力の持ち主でしょ??だから。
コーラスも凄い伸びやかで綺麗だったし
毎回素敵…。


ここでキャップとグラサンと上着を脱いで
右腕には蛍光色で「ENDLICHERI」と書いてありました。


a happy love word
この曲は歌うたびに違うものになるよね。
歌詞も「あの子を…」を「命を…」に変えてたし。
私は「命を…」の方がぐっと来たな。
曲のテーマにも合っててしっくりくるし、なによりも重みが出るし。
ケリーのギターさばきも凄かったね。


濡れ鼠
これはもう先生としょうこさんがすごい!!
しょうこさんのドラムは初めて生で聴いたんだけど
厚みがあって女の人が叩いてるなんて思えないほどかっこよかった☆
ダンス担当の2にんのダンスもめっちゃ綺麗だし…。
コーラスとケリーのハーモニーもカッコいいし…。
ダメだ、思い出したら鼻血だしそう爆


美しく在る為に
やっぱり綺麗過ぎる。
後ろから射してるライトもケリーの歌声も…
でもスティーヴさんのパーカスがカッコよすぎるだろあれ…。
毎回見るたんびに「火花すげー」って思ってます笑
ケリーが逆光で見えないとスティーヴさんを見てたりする爆
でもその金属で音楽を奏でてるスティーヴさんって凄いよね。


セッション
私の場所からははっきり見えてないからなんとも言えないんだけど
多分アレはケリーがタップを踏んでたんだと思うんですよ。
それに合わせて竹内さんがギターやったり…。
ケリーのダンスはかなりキタね!!カッコよすぎる!!


いきてゆくことが
甘かった…。
マジで甘かったわこの曲…。
かなりもうこのまま死んでしまう気がしました笑
甘くて甘くてケリー万歳笑
聞入ってたらいつのまにか終わってしまってて
この曲のときは夢見心地で…
なんかふわふわしてたなぁ…。


メンバー紹介
クーサンが殿になってました笑
「ほほほほほ」って笑ってんの笑
「お前らかわいいから…ちゅ。」とか
「お前らの声、聞かせてもらおうかの。」とか上から目線でした。
場内アナウンスもだけどね笑
今日はクーサンの側転と丸のモノマネが見れましたのでかなり満足☆
丸のモノマネは念願叶ってですから感動した笑
でも予測して絵で書いたのとちょっとちがかった笑
側転はもうそのままだったけどね…あの子(?)は器用だよ笑
先生がものすごい飛び跳ねててなかなか素敵だった☆
ケリーのギターかなりやばかった。
カッコいいよぅ…涙
ターンとかキレがよすぎたね。
なんかちょこちょこちょこっって動いてしょうこさんにちょっかい出して
すみまで行ってブラを直す仕草して笑いをとってたり笑
しょうこさんはスティーヴさんや竹内さんとかにちょっかい出したりしてた☆
そしてょうこさんがドラムを始めて事件発生笑
スティーヴさんの頭がっ!!!!!笑
私は坊主なの知ってたけど隣の愛方は衝撃だったらしい笑
会場も「ワーッ!!!!!!!!!」ってなってたし笑
しかもノリノリでお坊さんのごとくだったし笑
ケリーとお互い手を合わせておじぎとかウケるから笑
ケリーは次に竹内さんにちょっかいぴかぴか
んもー…可愛すぎるぞ☆たとえ触覚が生えてても笑
動かないメンバーのところをを次々と回って…先生の方へは行かないケリー笑
するとケリーと鞭を持ったスティーヴさんが先生の方へ!!笑
先生、鞭で叩かれ逆襲笑
ギターをライフルに見立てて拳銃で打ち合いごっこ笑
結局先生がやられましたが笑
ケリーが人工呼吸もどきをして会場は大盛り上がり!!
優香さん・上ケンさん・先生・ケリー・竹内さん・TAMAさんでダンシングセッション
その列のまえを拝みながら通るスティーヴさん笑
こないだのメンバー紹介よりもずっと厚みがあっておもろかった!!!


御伽噺
これってこんな明るいノリノリ曲だったっけ??ってくらい楽しかった☆
すごい楽しかったんだよホント…
だから…記憶吹っ飛んでる爆


Chance Comes Knocking.
ここで確実に疲れた笑
すっごいたのしいんだもんなぁ…。
今日はCHAKA姉とりんこサンの掛け合い!!
貴重!!カッコいい!!ヤバイ!!
るんるんらびゅらびゅけりぃハート大小」楽しかった☆
その後に竹内さんのあおり!!もう素敵だーっ!!
竹内さんね、結構イケメンだよね笑
かっこいいよぉ…声もすっごく素敵な竹内さん☆
もうこの曲一生好きだなぁ…。
ありえんて。ホント。
きっとこの曲に限らず毎回パフォーマンス違うんでしょ??
メンバーだって違うんだしさ。
ぶっちゃけ私が大金持ちなら間違いなく毎回入ってたね。
ちなみにりんこサン・CHAKA姉・竹内さんがやってる間
先生は優香さんとTAMAさんに挟まれてゆらゆらしてました。
可愛かった…笑


Six Pack
やっぱ飛ぶねえみんな笑
私も確実にこの曲で精魂尽き果て寸前まで行きました。
だってメンバー紹介から休まずに動き続けてんだよ??笑
こりゃたまったもんじゃねぇってコレを書いてる今だから思えるけど
あの時はもう止まらなかったんだよね。
踊り続けますそれはもう赤い靴を履いた女の子のように笑
飛んで跳ねて…。そのまま次の曲へ⇒


The Rainbow Star
前回はアンコール曲だったけどメインの最後に持ってきてました。
six pack』で疲れてんのにまだ踊る笑
でも楽しすぎて止める気にもならないニコニコ
踊る踊るひたすら壊れる笑


ケリーが「俺たちとお前たちを結ぶものそれはMusic!!!」と叫んだのが凄い印象的だったメインはこれで終了


アンコール
ソメイヨシノ
これをアンコールしょっぱなにもってこられて結構意表をつかれた。
でもすごいケリーの声が伸びやかで綺麗で…。
最後の1フレーズの部分ではもううっとりを通り越して完全に別の世界に行ってた笑
にしてもマジで本当にすごいんだよなぁ…
これは聴いてみないとこの気持ちがわからないと思う。
なんでたくさんの人にこの曲を聴いて欲しい…
スライドの絵とかも曲にすごい合っててきれいだったなぁ。
前回のライブとは違ってたけどそれはそれでまた違うよさだったし。
今の夏に桜満開のスライドはね、だからいい選択だったと思います。


これだけの日を跨いで来たのだから
「争いに…」からの部分、もう…言葉が見つからない。
私の持ってる表現方法が少なすぎてこの感動をどう伝えたらいいかわかんないくらい。
曲前に「僕が持ってる愛を…」とケリーが言ってたけど
彼の愛のイメージや愛に対する想いがダイレクトに浸透してきて本当に本当に…
こう…胸が詰まるような…もういっぱいいっぱいでして…はい。
オーディエンスとの掛け合いはなかったです。
それはちょっと残念だったなぁ…。


エンディング
綺麗だった。
もうコレしかいえない。
ちょっとなきそうになったもん…。
エンドロールの最後の最後まで見てたんだけど
クーサンが出てきて「楽しかったか?」って聞かれたり
フェイントかけられたり…
最後の最後までケリーの想いがたっくさん感じられた素敵なファンクショーだったと思います。




まとめ
まるで映画の1シーンのような世界で
ケリーのたまに見せるドキッとするような仕草があったり、
想いがダイレクトに伝わってきてきたり、
笑いがあったり、感動があったり
MCがなくても十分楽しめた。
またENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブがあるとするなら絶対来ようと思えるくらい
彼の世界観にハマってしましました。
残り公演もあとわずかです。
メンバーの方には最後まで突っ走っていただきたいです☆
昨日の公演に参加できたことを心から嬉しく思います。


最後に、曲順は『美しく在る為に』〜『いきてゆくことが』までは
自信がないんで信用しないでね笑
| デート | 22:20 | comments(0) | 光那 |

THE RAINBOW STAR  ENDLICHERI☆ENDLICHERI 5/7

『ENDLICHERI☆〜』が始まる前から拍手が始まってました。



ENDLICHERI☆ENDLICHERI
コレは生演奏じゃなくてCDに入っているものそのものを流してました。
映像がとっても面白かったですね。
ケリー色強くて結構これで引き込まれてった感じ。
オーディエンスは曲に合わせて手拍子をしてました。




Blue Berry』から『ソメイヨシノ』までの衣装は紫スーツ薄ピンクのサテン地のロンスカ



Blue Berry
しょっぱなからDancingでしたな。
いい感じに踊らさせていただきましたよ!!
ここで会場の一体感が半端無くてちょっと感動してしまったなぁ♪
ケリーはおしりをふりふりさせてノリノリでした☆
つーか振りすぎちゃうかあれ笑
鼻血でそうやったであたしゃ!!笑


闇喰いWind
振り付けはコレ腕やせするんじゃないでしょうか笑
多分これのせいもあって今私は筋肉痛なんじゃないかな笑
歌詞を変えて歌ってくれたんですよ!!

悪戯なお前がいる
ずる賢い俺がいる


ってな感じでね!!
ちょっと盛り上がりましたよー☆



やっちゃった!!きちゃった!!やばかった!!
一番望んでた生演奏の形だったのでCDとは全然違うのですよ
先生スゲーっ!!!笑
でまたケリーの歌の技量が半端ないんでもうどうにでもしてですよ(やめろ)
これはお察しの通りフリはないんですが、
コーラスのひとの振りが曲とぴったりですごくよかった!!




ここでご挨拶。「ENDLIの音をぶつけていく」とおっしゃってました。




a happy love word
意外や意外、振り付けありましたよー!!
ケリーはギター弾きましたね。
で、この曲がCDに入っている時点でメロディーが不安定…というか
きっちりテンポが定まってなかった。
つまり歌い様はそれこそ様々。
この日はこの日でケリーの気持ちがヤバイくらいこもってましたね。


濡れ鼠
コレは振り付けなかったんだけど、
やっぱりコーラスの方たちの振り付けやばかったねぇ!!
これは間奏部分でやってるんだけどすごい合っててよかった。
で、この曲自体私すごい大好きなんですよ。
ぶっちゃけ聞き入りすぎて、気づいたら先生がめっちゃギターかき鳴らしてたからね笑


美しく在る為に
これ最後のほうかなって思ってたんだけど
今回の構成考えるとここで持ってきたの正解かも。
でまたケリーさん歌がヤバイうまいじゃないですか。
コレは相当すごかったですね!!
曲終わりに「ケリー!!」って叫ぶ人いたんですけど
私叫べなかったですもん。声出てこなかった。
出したくても出てこないって言うのはこーゆー事なのかなと…。
歌詞も歌詞で結構重たい歌詞だったからね。



ここで『美しく在る為に』『ソメイヨシノ』の説明がありました。
内容はエンドリホムペのライナーノーツにあるのと同じです。



ソメイヨシノ
これはもう語ることもないでしょ。
美しく在る為に』同様、これも聞かせる曲なわけで、
背景の桜が散るスライドと、ケリーの歌がすごく合っていて
立ち尽くしてみてましたね。
この人本当にスゲェ…みたいな感じで。



ソメイヨシノ』が終わるとMCに入ります。
衣装がここで変わって紫スーツのパンツ蛍光色の柄物Tシャツになってました。

メンバー紹介に入るとき
メンバー紹介は僕がやってもいいんですけど、
ちょっとジャニーがうるさいんでね…笑
あのーENDLIのキャラクターなのかわからないんですけど
あのーSankakuっていう…Sankakuっていう…

と指で三角を書きまくりながらSankakuはなんなのか考えて出たものが
…定規的なもの?
でした。
いるんですけど。その、彼か彼女かわかりませんが。
ちょっとメンバー紹介したいと言うことで。

実はメンバー紹介はオーディションを行ってたそうで笑
参加者には地井武男さん・井出らっきょさん・和田アキ子さんなどが参加してたらしいです笑
ケリー曰く
アッコさんはいいところまでいったんですけどね。ちょっと身長が高くてね。会場にはいらない笑 まぁこんな雨の日はね湿気で縮むらしいんですけどね。
らしいです。

Sankakuクンを呼ぶときの指示を出す人を今日は指名カードで決めました。
スパイダーマンのかぶりものをかぶったレコード会社の人が
Sankakuクンからの手紙を持ってきてました。
ケリーに「ターンしてみて」と言われターンしてみたりとサービス精神旺盛な方でした笑
ケリーは「ジャニーはもういないので自由にしてください。
ジャニーがなんと言おうと僕がスパイダーマンを守ります!!

と公言していました。
Sankakuクンが出てこなかった場合は男性のお力を借りたいとケリーが言ったら
ある男性の方が名乗りを上げたんですがその人ケリーにタメ口だったんです笑
ケリーが
俺も関西弁でめっちゃタメ口だけど大丈夫?
と聞くと
だいじょーぶっ!!
と叫んでました。
ちなみに指令の方は「社長」、
男性の方は「小猪木さん」と呼ばれていました。
小猪木さんはケリーに
ワンモアタイムの前に人差し指を天に掲げて【元気ですかー!!】をやって
と言われ、めっちゃノリノリでやってました笑



Sankakuクンの登場で会場も盛り上がってくると
Sankakuクンが挨拶をするんだけどめっちゃかわいのっ☆
そしてSankakuクンによるメンバー紹介


メンバー紹介
先生はスーツの裏地にデザインされているSankakuクンを見せてました。
十川さんは「バンマス」と書かれた掛け軸?らしきものを掲げて、
ケリーはムーンウォークやねっころがってギターをプレイしてました。
ギター・ベース3人で集まって座り込んで弾いたりもしてました。
そんなんしててもステージ上で繰り広げられれるものはとんでもなくカッコいいものなんです!!
やっぱ惚れ込んでやりまくってるプロってすげぇなーって実感した。


16
これはローテーションでやる曲が定まってない枠で
この日は夕焼けのスライドをバックにシャウトしまくりでやってくれた☆
やばいカッコよかったー…。
女性詩歌うケリーはどうしてかいつもにましてキレイに見える。


Chance comes knocking.
この曲自体がもうすごいカッコよくて盛り上がれるんだけど、
ライブで生演奏だから。
でもってこの曲には振り付けがあるでしょ!!
で、その振り付けがはげしーんだわ笑
でもって途中ではいるChakaさんとの掛け合いがまたかっこいいんだわ!!!



Six pack
これ、アンコ前最後の曲だったんで、好き勝手しろ!!って感じでしたが
オーディエンスのほとんどがおんなじ動きをして、
振り決まってるところなんかキレイにそろっててめっちゃキレイでしたよ☆
ぶっちゃけ歌詞はエロいんですが笑
曲がさわやかだからいい感じで盛り上がれるんだよね。
ケリーもバンドの皆さんもすごい楽しそうだった。



アンコ
衣装は今までの衣装に金のキャスケットかぶってました



THE RAINBOW STAR
新曲ですね。
これがまたアップテンポですごくノリのいい曲なんですよ。
堂本剛としてソロだしてた時からまさかこういう曲がA面として売られるとは思って無かったです笑
で、振り付けもすごい可愛いし覚えやすいので
多分今ここで流れてきたら踊れますね。
つーかどの曲も笑
買ったらガッツリ語りたいと思ってます。
演奏時にさっきからんだ3人でぴょんぴょん跳ねながらくるくる回ってました笑
発端は先生だったらしくケリーは
何で回ったんですか笑 疲れましたよ
と先生に聞いてました。



これだけの日を跨いで来たのだから
みんなで歌いたい
ケリーがそう言ってて、最後のオーディエンスと「ナーナ」の掛け合い
もうすごい感動的ですよ!!
すこししてから最初は10代だけで。
10代でやるとケリーは「うそつき♪」と返し、
20代でも「まだうそついてる♪
30代で「正直でよろしい
男だけでは3回やりました笑
可愛い子だけでは「大正解♪
ケリーを愛してるといえる人では「僕も愛してるよ♪
と返してくれました。

最後何度も心に残るような素敵な言葉を聞かせてくれました。
明日を掴め
光を放て
あいつに愛してると言おう



最後は天気が悪かったので「気をつけて帰ってくださいね」と心配してました。
はけ際には投げキスをしてくれました。

また皆さんといい恋愛したいと思ってます

私はこの人が言う、「恋愛」という言葉が大好きで、
昨日それが聞けて本当に幸せでした。
| デート | 00:19 | comments(0) | 光那 |

Endless SHOCK 3/15 夜の部

今回はツバサのひねくれ方が更に磨きがかかってたね笑
リカはツバサに優しくなってた

個人的にはメイサちゃんのリカよりも
亜弥ちゃんのリカの方が少女っぽくて好きです☆
メイサちゃんが悪いわけじゃないんだけどね。




パネルマジックの座長の写真がポスターと同じでした☆




バックステージでの打ち上げシーンも少し変わってた。
シャンパン・大を引っ張ってる座長が可愛かった☆

『ツバサまだリカに気があるのかよ』『リカはコウイチ一筋だもんな』に『僕もコウイチくん一筋だよ!!』と町田さん笑


屋上で次の日の約束を3時と自分で言ったのに
間違えて13時に来た座長は訛り調子で『俺は13時にって言った』と連呼。

街中でバトル風のダンスがあってこの時にドラムのナオキさんが出てきます。
座長がショーに出てほしいと言い出しました。
ヨネずっとアイスの事しか考えてない笑


WA兇離献礇鵐哀襪ら中国のタップまで曲が変わってました。

ジャングルはリカとツバサも参加していて
ネットフライングはターザンみたいなロープフライングに変わってました。昨年座長の髪を燃やした棒は後半に回りました。

最初のタップはツバサが歌を歌って中国のタップには出ませんでした。(MAとMADのみ)
ギリシャの座長の衣装が変わってます。


殺陣は座長とツバサの絡みがぐんと増えてました。
ツバサの登場場所がステ中央からに変わってました。
MAとMADだけの殺陣の見せ場が出来てました。

そしてコウイチが斬られて1幕終了
※ツバサの刀が折れたと舞台挨拶で座長が報告



セメタリーの衣装が変わってました


シェークスピア劇中劇が台詞など変更が見られました。

リチャードでは亡霊の衣装が変わってました。
ツバサは台詞を噛みました笑

ロミジュリではリカの台詞が少し増えてましたがロミオはイジリ無。
あとダンサーさんのフリが少し変わってました。


楽屋のシーンは『コウチャン帰ってきたよん』に始まり、
『歓迎にアツイ抱擁が欲しい』とか言って一人でアツイ抱擁してました…『よせよ…やめろよ、皆見てるだろ…』とかなんか言ってましたδ(^-^;)
そこにラターニャが来て座長を抱き締め座長圧死しそうになってた笑

リカが来るともっと大変で
『リカちゃん…』とまるで変質者のごとく分けわかんない事を言ってました爆
やりとりが長くなると
『いつでもいいんだよ…俺あんまりレパートリーないんだから…早くしてよ』なんてのも笑
光『なんだいその紺のガウンは…愛か苦しみか…それともゴレンジャーか!?』
リ『コウ…イチ』
光『俺は“コウ・イチ”じゃなくて“コウイチ”!!それじゃどっかの外国人でしょ。もう一回名前呼んでみなさい!!』
リ『…コウイチ…』
光『なんだいゴレンジャー。の中の一人。のアオレンジャー』

そのあとリカが座長に抱きつくんだけど
そこにMAがきて座長は『タイタニックごっこ』とか言ってるんだけど
町田さんが『リカズルイぞ!!俺も!!コウイチ〜!!』で避けられる爆


ツバサの告白シーンのセリフも言い回しとか少し変わってて
さらに感情がこもってて涙が出ちゃった…
相変らずあのシーンは殺陣並みにやばかった…
全員が全員すごい…


翼と和解したあとのナンバーは歌詞が変わってました。
外国人記者が『ソレカツラデショ??』と聞くと
『時間がないのも確かですしカツラなのも確かですってチガーウ!!』と座長得意の頭ネタを披露笑


パーカスでは楽器の位置が変わってました。
ハシゴフライングではツバサが2階から一緒にフライングしたりしてました。
マスクでは演出に変更があってリカも参加していました。
ジャパネスクではリカを奪おうとしたツバサがリカを守ろうとしてる演出で
また少し考えちゃいました笑
背景のCGもドラゴンに変わってました。
ナオキさんがドラゴンにのってドラムやってたんだけど叩きにくい気がした…

夜の海で翼・リカ・屋良・秋山の心情が入りました。
それ聞いてまた涙…
ばかやろーっ!!!!!


CONTINUEでの台詞も全部座長のみに変わってました



今回は前回よりも感情移入が激しくて涙でまくっちゃった笑
このカンパニーはすごいですマジで。
言葉に出来ないくらいの気持ちが押し寄せて…
技術も回を追う毎に凄くなってきて、
話が少し難しくても「すげぇもん見たぜ」ってなれる。
すばらしいです。
堂本光一って人は…。
この人のファンになれてよかった。
| デート | 22:51 | comments(0) | 光那 |

kinki kids H TOUR -Have A Nice Day- 12/31

1、WATER SCREEN -Theme of H-
しょっぱなのコレは想像ついてました。
やぱりこれかー…じゃぁ次はビロビロねって思ってたら…笑

2、SNOW!SNOW!SNOW!
えーっ!!!?みたいな笑
やっぱ新曲は最初に持ってくるんですね。
いやぁ…やられた笑
さすがkinki様様笑

3、僕の背中には羽根がある
ツヨが見えなかった!!
照明さんのばかーっ!!!(位置が照明さんの後ろだったの)

4、99%LIBERTY
これの照明が綺麗だった(ぇ)
背景のバラとか超可愛い☆
そしてダンスエロし!!!(重要)
怪盗kinki kidsは本当に可愛かったし(後ろでながれてた☆)

MC

5、Back Fire
なつかしの曲!!!
もうこの曲でオイラは完璧にkinkiワールドへトリップだわ…
ノリがいいし、カッコいいし
しかもアルバム時よりもパワーアップしててGOOD☆

6、ディスティネーション
Rocketmanの代わりみたいなもんかな。
最近この曲出番めっちゃ多いし。
ノリいいしkinkiらしさが出てると思う。
この曲に限らず今回は特に好きな曲ばかりでしたな☆
Back Fireのメロディーで終わるもまたよし

7、Arabesque〜千夜一夜の夢〜
衣装がずっと気になってたんだけど
意外と普通だった(コラ)
それよりも背景がなんでマグマかなぁ…笑
私としては満点の星空って感じだったのに…

8、Love Me More
でました、かみないもー☆
エロいと聞いてたのですが私としては物足りない!!
バーリアとかあっち系かとおもったのにぃ。

9、Breath
渾身のステージ。
ツヨらしい聴かせるシーンでとてもすばらしかったと思う。
思わず立ち尽くしてしまった…
言葉じゃ言いあらわせられないくらいの感動を貰った

10、未完のラブストーリー
未完もこれまた…泣きそうだったわよ。
すごい鳥肌立っちゃって…
kinkiのファンになれてよかった…

短めのMC(@ムービングステージ)

11、たよりにしてまっせ
ツヨの長々しい感謝の言葉(演説)からうまい具合に入ったね笑
しかもこの曲はのれるのがまたいいね笑
「2006年も…たよりにしてまっせ☆」

12、永遠のBLOODS
さわやかー☆
たより〜からのつなぎもまた新鮮でよかったです☆

13、【AOZORA】
前の曲からのつなぎが自然だった☆
綺麗に聞きに入っちゃった☆

短めMC

《バンド曲》
14、ダイヤモンドストーリー
まさかこの曲たちをkinkiが演奏するなんてー!!!
もう感動っすよ!!
大好きな曲ばっかりだしー!!
この曲もまたいとよし☆

15、あの娘はsofine
でたー!!
懐かしいAアル!!!
ノリノリ元祖万歳☆
メンバー紹介もなかなか面白かったです☆

16、春雷
んNOOOOO!!!!!!
この曲やっちゃうのかよー!!!!
もう感動!!ありがとう!!!最高!!!!

MC

17、雪白の月
聴かせてくれましたkinkiさん。
本当にこの曲で落ちた笑
出産しそうだった笑

18、Bonnie Butterfly
この曲マジですきーっ!!!!
なんて言ってもボニバタですから。
蝶の背景が怪しくてまた最高笑

19、kissからはじまるミステリー
…なんなの…笑
このコンは初心に帰りましたコンかっ!!!?
それくらい昔の曲が多いね。
これも
好きだからいいけどさ。

20、恋涙
きーたぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁ!!!!!!
ちょっとちょっと奥さん!!
もうアカンでしょこの曲は…
この曲でもうアタシは…さようなら(ぇ)

21、Anniversary
もういいだろ…この曲語らんでも
でもまなちゃんは「マンドリンがない」って言ってた。
まぁマンドリンがいなかったからしかたないよね。

22、WATER SCREEN -Theme of H-
これはマジでビロビロに繋がってたね

23、ビロードの闇
いやんこの振り付け大好き。
一緒になって踊ってしもーたわい。
「この澪〜」の部分LOVE

24、SNOW!SNOW!SNOW!
いやぁ…最後もこれか。
いい締めくくりじゃ。

ってまだなのよーん。

アンコール
25、硝子の少年
だから…笑
もー古い曲ってどーしてこんなにいい曲ばっかなの!!
過去も現在も最高なkinkiに乾杯☆

26、薄荷キャンディー
きゃーっ!!!!!!
薄荷近くで歌われちまったぁい☆
光様相変わらず見せ場最高です。

27、99%LIBERTY
この曲で終わるかーって感じ。
違和感ないし、きっちりしまったって感じで
ほんと才能ある彼らに拍手☆

| デート | 01:01 | comments(0) | 光那 |